潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 残念。旬のホワイトアスパラガス、本場で食べ損ね。

<<   作成日時 : 2011/10/30 10:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

 

2011年5月20日、金曜日。シェルブール。

今回のクルーズ旅で。
まさに「旬」を迎えていたのが、イタリアと並ぶ世界二大産地であるフランス、シェルブールでの、ホワイトアスパラガス。

なのに。
残念無念。食べ損なったのです。
振り返って。いまだに、ちょっと悔しい。


画像



画像食べ損なった理由?

魔がさしたのです。
吾輩の、中途半端な知識を基とした、知ったかぶり。
い、いや。勝手な思い込みと柔軟さに欠けた態度に、鉄拳が下された。

どういうことか?

ほら。
こちら、シェルブール。ムール貝の名産地、モン・サン・ミッシェルがほど近いではないですか。
で。前回に載せましたが。魚屋さんの店頭には、ムール貝が山積みされていました。

画像と。
ここで、“知ったかぶり”の中途半端なわが脳みそが、密かに、わが耳元に囁いた。「ムール貝の解禁は夏どすぇ。カキとおんなじ、Rのつかない月の今は、所詮冷凍物でおいしくあらしまへんぇ。この街で食べるのはおやめになった方が」。

で。

ホワイトアスパラガスの魅力にはまって、お昼をこの街で食べたがる相棒を追い立て、蹴り立て、お昼は船に戻って食べました。
何のことはない。
ムール貝が嫌なら、それを外してアスパラだけ食べれば済んだ話なのに。
硬直化した脳は、ムール貝の囁き?にはまっちゃったのです。

画像いえ。
当然ですが、モン・サン・ミッシェル産ムール貝は、悪くはないのです。
事実、2001年10月初旬、あの小さな島に泊まって、たらふく食べたムール貝は、得も言われぬ味わい、でした。

フランスのホワイトアスパラガス。
ロワール地方を筆頭に、ボルドー、ジロンド地方などに混じって、ノルマンディも美味しい、と聞いたことがあります。所詮、味覚音痴な舌を持つ、戦後、貧しい焼け跡時代育ちで、味などわかるハズはないのですが。。。
でも。食べたかったなぁ〜旬の本場モノ。




画像


画像


画像


画像



ということで。
昼食後、再び、シェルブールの街へ繰り出しました。
今度は、フリーのシャトル・バスを利用せず。クルーズ・ターミナルから旧市街の入り口くらいに位置する旧港前まで、距離およそ2キロ弱ほど、ぶらぶら歩いてみました。

日本では見慣れた光景で珍しくもありませんが。。。
ヨーロッパでは珍しい、コーヒーの自動焙煎自販機に遭遇しました。

半島の先端の街、とはいえ、やはり、さすがにフランスの街です。
旧市街に並ぶ各店の構えは、なかなかおしゃれでした。
花屋が多いのも目立っていました。
同時に、道端には野生化した園芸種の花々も目立ちました。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




All Aboard 午後4時半。
出港、午後5時。そして、船内新聞によれば日の入りは午後9時51分。ドレスコード、フォーマル。

船の主餐室「レンブラント・ダイニング」。ファーストシーティングのわがテーブルで。

前菜は、シェルブールの街中で見かけたムール貝になお、脳みそは染め上げられて、帆立貝のクリームピュルレ。スープは、チキンとホウレン草。
乗船9日目、船の旨い食事に食欲が進んで、食べ過ぎ、ズボンのベルトがきつくなり始めているのを気にして。メインは軽くシーフードサラダ、のみ。


画像


画像


画像



そしてデザートは。。。
待ってましたぁ〜〜。
いつもいつも、胸躍る、ベイクド・アラスカ。
こんなに行列に間近なテーブルで、シェフの皆さんの賑やかな隊列と、ナプキンを振り回す乗客たちの姿を見たのは初めてでした。

そして。
こんなのも、初めてでした。

ベイクド・アラスカは、あの大きな枕型のそれを切り分けて配られるそれではなく、きちんと各人ごとに作り上げられた、それ。
三色のアイスクリームは見えず、焦げ色のメレンゲで包まれて上品に。最近出席した、日本のホテルの結婚式で供されたタイプと同じ。

個人的な好みですが。。。クルーズ船でのベイクド・アラスカは、やはり、ピンク、白、チョコレート色の三色のアイスクリームが弁当型に横たわる、野趣豊かなスタイルが好みだなぁ〜〜。

劇場でのナイト・ショーと、その後のバー・タイムでの音楽とお酒とおしゃべりと。
楽しんでキャビンへ戻ったら、今夜のタオル・クリエーションは、ベッド上ではなく、壁の絵の上に、ハンガーにぶら下がって待っていました。


画像


画像


画像


画像


画像


画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん  オバンデス!

まあ〜 カナダ後回しですか?
色々まねっこしたいと思っていましたのに〜 困るなあ〜 

ベイクド・アラスカもナフキン振りも〜 クルーズの終わりのイベントは盛り上がりますが、その後が寂しいから〜〜 

私もベイクド・アラスカ、三色に薄く切り分けて頂くの大好きです。
たえこ
URL
2011/10/31 19:44
たえこさん、こんばんは。

いやいや、後回し、というわけではないんです。寄る年並みで、古い記憶はどんどん消えていくもので、こちらの方を、「君の名は」ではありませんが、忘却の彼方となる前に、覚え書しておかなければ、というワケです。

おかげで、というか、やっぱり礼儀で、というか、写真の先生の後に弟子は付いていくものでありますので、それでいいのかな、と。

「ユーロダム」は、あと5回ほどで終われそうです。多分。

ベイクド・アラスカ、そうですか? たえこさんも切り分けた三色のあれの方がお好きですか?
同じ好みで、うれしいです。
hiroshi
2011/10/31 20:33
あああ〜、hiroshiさ〜ん。ホワイトアスパラガスを食べ損なっただなんて〜!!!私までショックですぅ〜!

普段はいっさい食べないホワイトアスパラガスですが、2000年の5月にドイツで初めてホワイトアスパラガスのスープを飲んだら、これが死ぬほどおいしくて、「5月にヨーロッパに行ったら絶対ホワイトアスパラガスのスープを頼むんだっ!!」と固く心に誓ったのです。(ドイツ滞在中は毎晩どこのレストランにいってもこればかり頼んでました。笑)

あああ〜、チャンスだったのにもったいないぃぃぃ〜!!!
hiroshiさん、私は今日は大切な教訓を学びました。
ムール貝の囁きに耳を傾けてはいけないと!(笑)

でも、船のホタテもかなりおいしそうです。当分ホーランドの予定がないだけに、羨ましくてヨダレが出そうです〜。(ロイヤルカリビアンのメインダイニングルームは、やはりホーランドには完敗でした)
みーな丸
2011/11/03 06:29
みーな丸さん、おはようございます。

ただ今、わがPC前を離れて留守にしております。
帰宅後、お返事させてくださいね〜。
何しろ、携帯の小さな文字板が苦手でして。(涙
hiroshi
2011/11/03 07:05
murmur1さん、おはようございます。

拝見しました。
いろいろ、思うことは、たくさんありました。
7日に帰宅予定です。携帯が苦手で。。。(涙
帰宅後に、お返事させてくださいね。
♪ハッピー・バスデー♪♪
hiroshi
2011/11/03 07:09
こんにちは。hiroshiさん!!
ホワイトアスパラガス残念でしたね。hiroshiさんの表現が本当に面白くて、今日も楽しく読ませていただきました〜夜の食事もどれもおいしそ〜です。甘いもの好きの私には、デザートはとっても魅力的です!!今は、山奥なのでコンビニもなくデザートが恋しいですね〜。
昨日は中間試験でした。なので、今日の午後から明日は休みです。いつもよりちょっと長い休みをのんびり過ごします〜。
あおちゃん
2011/11/05 16:05
みーな丸さん、こんばんは。

お返事が遅れました。

そうなんですよ。
食べ損なったんです。
相棒は、未だに、残念。あなたの所為よ、などと、何かの折にあの当時の思い出話になると、食べ損ね事件に結び付けてブツブツ言います。

日本でも買えないワケはないのですが、何しろ本場ですものね〜。調理の仕方も、多分、本場ならではのおいしさであったのではなかろうかと。。。

シェルブールの次、翌日は、同じホワイトアスパラガスの本場、ご存じのとおりゼーブルージュ寄港であったでしょ? ところが、このクルーズでは、エクスカーションが午後零時半集合。加えてブルージュまでは結構距離がありますし、お昼は船で食べざるを得ない。というワケで、結局、ゼーブルージュでも食べられませんでした。無念。

そうですか?
RCI、食事はもう一つであったですか?
そのうち乗ってみたい、いえ、実はもう、予約を入れちゃったんですが。。。あまり期待しない方がいいですね〜。
HALは、おいしいですものね。
当たり外れはありますが、自分は、セレブリティよりも口に合うような気がします。
hiroshi
2011/11/07 17:42
あおちゃん、こんばんは。

出かけていて、お返事、大幅に遅れました。

中間試験、あおちゃんだったrば、ばっちりですよね。
そして、昨日で休みは終わって、今日はまた、厳しい日程をこなしながら勉強中でらっしゃいましょうね。

>甘いもの好きの私には、デザートはとっても魅力的です!!

そうそう、あおちゃんは、食べるのはともかく、お作りになれますものね〜。おいしそうなケーキ。これまで何度も見せていただいています。

船のデザート、結構おいしいですよ。
一般的なアメリカやヨーロッパの土地のケーキのように、あまり甘すぎることはないですし、大きすぎることもありません。どちらかといえば日本的な甘さ控えめの味付けも多く、あおちゃんの口にも合うのではないでしょうか。ま、船にもよりますが。。。

新しい年が、だんだん近づいてきますね。
来年は、あおちゃんのブログが話題を集めそうですね〜。早くも楽しみにしています。
hiroshi
2011/11/07 17:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

残念。旬のホワイトアスパラガス、本場で食べ損ね。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる