潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 予想外の日本に遭遇。「海の日」9月26日、余談。

<<   作成日時 : 2011/11/28 15:47   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8


●説教

師匠のカラス〜
「おまえなぁ〜、いい加減、しろくろ、はっきりせんかい。人間。。。間違い、じゃ。。。生き物。。っちゅうのはそれぞれ、生きざまに応じて人生に色合いをつけていくからこそ、味わいがあるのじゃ。
しらじらしい。いくつになっても白いまま、というのは、人生、しらばっくれて生きているようで、他人さまから白い目でみられるぞヨ」。


画像


画像



弟子のシロクマ〜
「先生〜、齢を経て人生実りの時とか色づく歳といっても、黒色はなかんべ。第一、腹黒いとかブラックマーケットとか、イメージ悪か。
そんな、教育界の黒子とか黒幕とかと言われるダークな仕事はもう止めて、色替えしたらどなんだべか。ほらほら、下らねえ話をするから、もう黒山の見物人が集まっちゃったじゃあ、ねえけ」。

と、言っているのでしょうか?


画像


画像



●入浴

ゾウ〜
「何? このクソ寒いのに、スイミングとはなにごとゾゥ??
違うんだゾウ。これは水浴ではなくて、入浴なんだゾウ。体に付いた虫や汚れを落としているんだゾウ。人間たちが、露天風呂のあと、石鹸を使って身体を洗っているのと同じだゾウ。そして。想ゾウするより寒く内臓。心臓も大丈夫だ。」。 

と言っているような気がするのですが。。。違うんだろうなぁ。


画像


画像



●季節到来

ペンギン〜
「ようやく、我々にとってペンギンな。。。間違い。。。ベンギ、便宜で快適な季節入りしたのだワ。うれしいのだワ。
アンタ、写真撮るなら、シャッタースピード、上げないと写らないワヨ。こちら、水の中は、猛スピードで水を得たように動ける動物なんだから。ペンギンが垂れるような。。。間違い。。。ペンキが垂れるような、地上でのヨタヨタ歩きから連想すると、とんでもない間違いなのだワ。ほら、言わんこっちゃない。ブレブレ写真じゃん」。

と、言っているような。
そんなだったら面白いなぁ、と。そういう気がした、よこはま動物園ズーラシアの一日でした。

季節真っ盛り。こちらの出口でも、サンタクロースは見送ってくれていました。



画像



もう一つ。

個人情報垂れ流しで、ルール違反でなんですが。。。
一度だけ、許していただいて。

映画を見てきました。


画像




「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」。


わがふる里は、自分の子供のころに比べて随分汚くなった。醜くなった。と。
ちょっと無念に思っていたのですが。

↑ 映画では、びっくりするほど、鮮やかに、昔の、わが思い出のころの情景が、そっくりそのまま再現したかのようにスクリーンに描かれていて、少々感動しました。

ロケは昨年から今春にかけて、行われたそうです。
だから。
消えた、と思っていた懐かしの風景は、現在ただ今も、鮮やかに残っているのですね。眺めるポジションの良しあし、穴場というか、見どころが、あるようです。

映画では、桜の風景が、なかなか、でした。


画像


画像



全国公開は、来月3日から、だそうです。そのロードショーに先立って、先行上映されたふるさとの映画館で、座席に向かう途中、入り口近くのドア前で、映画のロケ地、すなわち、スクリーンに描き出されるふる里の情景ポイント、を記した地図をいただきました。

どの場所も、わが家から車で、簡単に行けます。近い場所で5分。遠くても40分。
これから先、暇を見つけては、巡ってみよう。そう思っています。

また、新しい楽しみが出来ました。

手持ちの写真に。
映画に登場した場面付近のそれが、何枚かありました。

上写真の桜の名所は、映画に登場した場面から、1枚は200メートルほど下流で。もう1枚は600メートルほど下流。

下写真のライトレールが止まっているのは、映画に登場した終着駅近くの場面の、ず、ずぃ〜と南にある始発駅。
映画の主役、というか、主題のレイルウェイは、ここ7年近く、まったく乗ったことはありません。
が、こちらの「レイルウェイ」には、月に1〜2度程度、乗ります。



画像



と。↑ 個人情報、垂れ流し。
無礼で申し訳ありませんでした。

というわけで。
かく、遊び惚けるばかりの、多忙なもので。。。と、まずもって言い訳。


肝心の、セレブリティ・サミットでの「ニューイングランド・カナダ東部クルーズ」を、まとめている時間がなかなかとれません。

で。
2011年9月26日、月曜日、NY湾を出港した翌日、つまり前回の終日航海日、「海の日」の続き、からです。


画像


画像



「海の日」。
船に乗ると毎回、好きな場所、日中の過ごし易い基点ポイントが出来るのが、我が家流です。
どなたもご一緒ですよね。

画像セレブリティのこのクラスの船はこれで、3回目。
そろそろ勝手知ったる。。。程度の「域」の入り口くらいまでには、近づいてきまして。。。

5F、ミラノゆかりの「コヴァ」カフェと、少々寒いエリアを航くクルーズなもので、10F、リゾートデッキの室内プール「ソラリウム」が、日中のテリトリーとなりました。
いや。もう一つ。最近では、日中でさえ、キャビンで寝ている時間も、増えてきていますが。。。
歳なのか? それとも、クルーズのめくるめく興奮から縁遠く、慣れ過ぎちゃったのかなぁ〜??



画像



画像



その「ソラリウム」で。
連れ合い、相棒が、日本好きなアメリカ人ご夫妻と知り合いになりました。

画像きっかけは、刺繍。
向こうの奥さまが、日本の風景を描いた刺繍を手作りなさっているのが、きっかけでした。

もちろん、材料をそろえてセットで販売しているそれをお買い求めになってお作りになっている、半ば既製品のそれですが。。。
やっぱり、そこはそれ、日本人として大変うれしかったそうです。相棒も、同じ半既製品ではありますが、同じそれやハンドニット、素朴で小さなモノですがキルト作りが趣味の一つであったもので。。。


で。
楽しかったです。
「ソラリウム」空間。
 

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ぶあっはっは〜〜。
もう、カラスとシロクマ君のやり取り、涙出して、ぷぷぷ、しながら読みました。くくく。
象まで、ちゃんとおしゃべりをしてるし。もう、こういうの、駄目です。大ストライク〜〜。
楽しすぎます〜〜。

レイルウエイズ、この映画とても興味が有ったのです。
今週末封切りですね。
hiroshiさんのお話を伺って、もっと見たくなりました。

良い街です。空の色と、雪の山の稜線のコントラスト。
大門素麺も大好きです。
murmur1
2011/11/29 00:03
murmur1さん、おはようございます。

おっほっほ。
面白がっていただいて、まことに、うれしいです。
親父ギャグ大好き人間は、とてもとても、お亡くなりになったあの落語界の大先達のように、洒落のめして人生を終えられそうにありません。やっぱり、笑っていただくと、うれしい。

それにしても。惜しい方をなくしました。

>良い街です。

ありがとうございます。
田舎ですからね。地域のしがらみなどが鬱陶しく、大嫌いであったのですがね。歳を経るにしたがって、幼いころが懐かしく、良い土地だと思うようになりました。昔は、自然も人情も豊かで良い土地であったのですが。高度成長期以降は、見る影はあまりないですね。日本全国どちらの土地も同じでしょうが、人情も自然もそれほどの土地とは思えませんでした。あの映画をみて、あれ、まぁ、まだ見捨てたものではないんじゃぁ、ないのかな? そういう気もしてきましたけれども。

大門素麺をご存じとは、かなりの「通」でらっしゃいますね。以前、先生のブログでお書き位なっていた稲庭うどんや揖保の糸ほどメジャーではありませんから。そういえば、つい先、母上が時折いらっしゃるあの市場で、産地偽装との騒ぎが勃発した寒ブリのこともご存じでしたし。。。

さすが、食通でらっしゃいます。
hiroshi
2011/11/29 11:59
hiroshiさん  コンニチワァ~~♪:・°☆!

やっぱり〜〜〜
まゆきさんと同じで、しかも弟の嫁さんと同郷とは薄々推察していましたが〜
やっと長い間の予想が当たりました!!! 

そうですか? ご当地で封切りとは中々素晴らしいですね〜〜
色んな可愛い電車も有るのも知りませんでした。

教育県でその上、豊かで住みやすいって何かの統計でみました。
立山連峰の美しさ・海の幸(きときと市場が有名!!)の美味しさ、一度しか行ってないんですが、その時のお寿司の美味しさは忘れられません。
弟いわく、雪のイメージだけど意外と「暖かいんじゃ」って

良い所にお住まいが羨ましいです。

ダジャレ満載の会話〜〜 流石の筆達者 笑わせて頂きました。
  

そちらの美味しいもの食べに行きたいですが機会が無いかも? 嫁さんの体調が心配のこの頃ですから〜

たえこ
2011/11/29 15:08
たえこさん、こんばんは。

可愛かったですね〜。セーラー服の彼女たち。

しかし、まさか、まさか。
智恵子さんや愛子さん、晶子さんが、あの方々だったとは、こちらの想像力欠如でした。
智恵子さんと愛子さんは、当然ながらお目にかかったことはありませんし、写真で拝見したことがあるような気もするのですが、顔はまったくわが想像力の枠外で、逆に、なんとなく、言われてみれば、セーラー服姿をあれこれ思い描けないこともありませんが、愛子さんは〜〜
あの方は小説もさることながら、テレビでも何度も拝見していますもので、え? え?? 言われてみれば確かに女学生時代がおありになったんだろうけれども。。。と、想像だにできませんでした。←愛子さんに申し訳のないことです。

で、愛子?
え? まさか、愛子さま? 福原愛ちゃんのこと? ゴルフの橋本愛子?? 上村愛子? まさか、あの三益愛子のことではないだろうし。。。と、そんな状態でした。

そうそう、弟さんがこちらにいらっしゃるんでしたね。
まゆきさんのところで拝見しました。

おっしゃるほどの、良い街でしょうか?
生まれた土地だから、どなたも同じでしょうが、そこそこ愛着はありますが、冷静に見て、さほどの土地ではないと思います。魚と水だけはおいしいですけれども。たえこさんのお生まれになった土地の方が、よほど魅力的に見えます。

お嫁さん。
さては、おめでたですか?
いずれにしろ、ご心配ですね。
早く回復なされ、たえこさんのご心配の種がなくなりますよう。
hiroshi
2011/11/29 19:41
hiroshiさん  オバンデス!!

又おじゃまします。
言葉が足らないで〜 ハハハ〜

弟の嫁さんなんです。 誠に心配な事でして〜
食道に不具合が見つかり療養中です。
ステント入れたり辛い様です。

私より六歳も若いのに〜 儘ならない事です。
でもって美味しいものなどとんでもない事です。
可哀相です。


さて〜 奥さまお船で素敵な交流が有って〜
良い旅なさって羨ましいです。
 

挨拶交わすのがやっとです。
たえこ
2011/11/29 21:49
たえこさん、

これはまた、早とちりで。。。

そうですよね。
↑ もう一度拝見しなおしてみると、文脈の流れは、弟殿のご妻女でらっしゃいますね。
失礼しました。

しかし、ご心配は同じですね。
そうですか。
6つ、年下でらっしゃいますか。
とすると、hiroshiメよりもお若いのですね。はい、こちらは、いつかお書きになっていたとおり、みえこさんと同じ歳、ただし学年は、みえこさんが一年先輩であっしゃるのではなかろうかと?? ほら、早生まれ、とか遅生まれの関係で。

>挨拶交わすのが

いやいや。たえこさんは、お撮りになった写真を拝見すると、被写体の皆さんといかに楽しく交流なさっているか、よくわかります。
hiroshi
2011/11/29 22:17
こんばんは。hiroshiさん!!お元気ですか??
多忙な毎日を送りながらも、このようにちょっと余裕のある夜にネットをするのが楽しみの一つでもあります。
さらに、hiroshiさんのユニークな覚え書きを読んでいるととても心が和みますぅ!!
白くまくんやぞうさん、ペンギンさんのやり取りがこれまた、さすがhiroshiさんですね!!とっても面白い〜。自然Tと吹き出してしまいましたよ。
最後のお写真の刺繍、すごいきれいにできてますね。日本の絵というのがまたいいですね。外国の方が作っていたというのもとても嬉しいことですね。
あおちゃん
2011/11/30 00:48
あおちゃん、こんばんは。

お元気そうですね。

返事が遅れました。
出かけていて、たったいま、帰ってきました。
こちらも、師走入り目前で、慌ただしさが増してきました。

上のシロクマとカラスの写真、面白いでしょ?
そうですね、10分くらいも、ああいう風に、何か話し合っている如く、向かい合っていました。
入園していたかなりの方がお気づきになって、カメラを構えてらっしゃいました。

何を話していたのでしょうね?
多分、そういうことではなく、カラスはシロクマの多弁腰を狙ってきただけなのでしょうが、あたかも、何か話し合っているようにみえたのです。驚きでした。

>刺繍、すごいきれいにできてますね。日本の絵というのがまたいいですね

ねぇ〜。驚きですよね。異国情趣があって面白いのだと思います。今回のモノで、3作目とおっしゃっていました。もう2作は仕上がって、家に飾ってあるのだそうです。
うれしいことでした。

寒くなってきました。
寒さに負けないでね。
hiroshi
2011/11/30 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

予想外の日本に遭遇。「海の日」9月26日、余談。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる