潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS びっくり「!」名の海。見下ろすサグネイの街。

<<   作成日時 : 2012/05/04 12:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

 

以前、ガーンジ島に立ち寄ったクルーズ旅の「覚え書」で書いたことがありますが。。。
ヴィクトル・ユゴーが、逃避行中のかの島の住まいからパリの出版社へ、発刊したばかりの「レ・ミゼラブル」の売れ行きや世間の反応を訊ねて書き送った世界一短い手紙。


画像



画像往信〜〜『』〜〜意訳→売れ行きはどおぉ
返信〜〜『』〜〜意訳→売れて売れて

今年は、その手紙が海を越えて往復して以来、ちょうど150年目にあたるそうです。

「一度でいいから、書いてみろ、そんな見事なキャッチコピー風な味わいのあるブログ覚え書」と、義理でこれに目を通してくれている、友人のキミたちから、揶揄の声が聞こえてきそうですが。。。

確かに、確かに。
こちとら、いつもながら、だらだらとバカ長くてちょっぴり恥ずかしい。



画像



で。
ハナシは、「」にからんでもう一つ。
ちょっとテーマは変わりますが。。。世界は広い。

街の名や海、山、川など世界の固有名詞に、そんな「!」、エクスクラメーション・マークの入る名前があったんですね〜〜


山の名で、「K2」とか、「アンナプルナT峰」とか。
数字入りの固有名詞は世界地図やTVドキュメンタリー番組で見たことはありましたが。。。
ビックリマーク、感嘆符入りの海の名や街の名があるとは、サグネイ・フィヨルドに入るまで知りませんでした。


画像

街の教会、サン・アルフォンソ・デ・リゴーリ教会。1862年の完成。

画像
ということで。前々回、サグネイ・フィヨルド編からの、続きです。

といっても、その「前々回」はすでに1カ月ほども昔。

。。。いささかしつっこい。のかなぁ〜〜?
今なお長々と、昨年秋に行ったカナダ・ニューイングランド・クルーズの「覚え書」談義を続けている、とは。。。

で。
サグネイ・フィヨルド最終の今回は、2011年10月6日、木曜日、3つのエリアに分かれたサグネイの街のうち、船が接舷した昔のニューフランス、つまり現代のケベック州の街、ラ・ベェ(La Baie)の見どころの「覚え書」です。


サン・アレクシス・デ・グランド・ベェ教会

画像



画像長々と「枕」談義を続けました。

ラ・ベェの、クルーズ船「セレブリティ・サミット」が停泊する先に広がる湾の名前。
→いただいた地図の複写画像でご覧いただく通り。「Baie des Ha! Ha!」と言います。直訳すれば「ハ!ハ!湾」。

何とまぁ、へんてこりんな固有名詞ではないですか。しかも、ただの「ハハ」ではなく、感嘆符付き、ですぞ!!



画像



ハハ。。。って、聞こえる通りの「アハハハハ」の、あの笑い声のこと?? 
名前の意味や謂われが気になって、ツアーバスを下車後、地元のガイドさんにたずねたら、「半分正解」とのこと。
ウェブ上でよく書かれている日本語の(笑)や英語の「lol(laugh out loudly)」の意味でもあるのですが。。。

こちら、昔のニューフランス、つまりケベック州やフランスの一部、英国の一部などでは、さらにエクスクラメーション・マークを付け加えて、「あ!」と驚く意味合いで使われているのだそうな。

そしてこれには、フランスのルイ王朝のある人物の歴史的な逸話も絡んでいるらしいのだが、あいにく、フランスの歴史について知識がないのと、並べられるフランス語の意味がわからなかったもので、残念ながらちょっと理解できなかった。。。

↓ 平屋建ての小さな木造のクルーズ・ターミナルに、地元の方々が手作りで仕上げたさまざまな土産品をならべた、間口2メートル、奥行きも同じほどの、小さな土産店十数店が出店していた。
画像もう一度「あっ!」。

そうそう。
あの往年の名ジャズバンド、クレイジーキャッツのリーダー、ハナ肇の満点ギャグ「アッと驚く為五郎ぉぉぉお〜」、の「あっ!」。

加えてもう一つ。

「HAHA」というのは、フランスやイギリスのなだらかな大地や広大な庭園の中の、羊が放たれる放牧場のごとくの広いなだらかな土地を、羊が逃げ出さないように、あるいは土地と土地を仕切るために設えられた、あるいは自然の小川などを利用した、その仕切りの水辺や小川、石垣と堀で区切ったラインなどを指し示す言葉でもあるんだそうな。



画像



。。。この齢になるまで、知らなかったなぁ。こんな言葉。

日本には、「はは」、つまり母は、父親と子を結ぶかすがい。母は強かったぁ。などのHAHAはおりますが。。。
。。。そうか、仕切り役、切り盛り役か、やっぱり。日本でも母は。。。

で。
その小川や石垣プラス堀の、大地が凹型にへこんだ形状が、氷河に削り取られてフィヨルドとなったラ・ベェの街の前の湾の形と似通っていたため、「ベェ・デ・ハ!ハ!」と呼ばれ始めたのだそうです。

かつて「ニューフランス」と呼ばれたケベックには、ほかにも「!」付きの名前は結構あるそうです。
Saint-Louis-du-Ha! Ha! とか、Rivière Ha! Ha!とか。
店名や屋号にいたっては、セントローレンス川沿いのケベック・シティからトロント界隈まで、あちら、こちらにそう名乗っているお店がある、のだそうな。


と。。。
今回もまた、だらだらとバカ長い。。。

本人は書くのが好きだから、どうってことはないのですが、ウェブ上にそのまま流すのは、やっぱり、気がとがめますね〜。

画像



その湾を目の前にして。
紅白の外壁の、一風変わった名所もありました。
名前はまた、「!」付きで、『ピラミッド・デ・ハ!ハ!(Pyramide des Ha! Ha!)』。
サマータイムだけに開館するこの街の第一級観光施設で、内容はホームページでご覧いただくとおり。

一風変わっていたのが、その外観です。

画像外装を飾るこの三角形のアルミ板、どこかでご覧になったご記憶はありませんか?
赤いラインが取り巻く中央の白い部分に「徐行」と書いて、逆三角形型に柱に貼り付ければ。
そうです。「前方に優先道路あり、徐行せよ」の規制標識。

が。
これは、日本だけの方式で、ヨーロッパのほとんどの国では文字なし、逆三角形型で「譲れ」の規制標識。米国など北米大陸やNZなどオセアニア圏では「YIELD(譲れ)」または「Give Way(譲れ)」の文字入りの同じ標識。

道交法上の「譲れ」という概念。日本にはありませんね。もしも、早い時点で導入されていたなら。。。もっと事故は減ったんではないでしょうか。最近、譲る気持ちが不足するからあではなかろうかと思うような、重大事故が続いているではないですか。。。



画像


画像



ハナシは横道にそれました。
その、「譲れ」の規制標識、3000枚を張り付けて設置されたこのミュージアムは、1996年の大洪水と土砂崩れと鉄砲水で、この街が壊滅的な破壊を受けたその被害のモニュメントとして設置されたのだそうです。

もし、譲れの精神が大自然に対してはもとより、人間同士も互いにあったならば。。。
488棟が壊滅し、1230棟が損壊し 16000人が負傷し、10人が死亡したその大洪水の反省を込めて、このミュージアムは建設されたのだそうです。。。

展望台の高さは21メートル。視界抜群で、この展望台から眺めると。
港に停泊中の「サミット」が、ひときわ優雅に。。。

と。
またまた今回も長くなりました。。。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん  こんばんわ〜

コメント欄開けて頂きまして〜 一安心ですよ〜
何故ならば? 私メは両方に書き込み頂くばかりなんですもの〜
恐縮の極みです。

「ラ・ベェ」に停泊のサミットの姿はホント!!
「!」です。 ふふふ

譲れのミュージアム、でしたか?
土砂災害はまさに今日の日本の最近の現状と重なりますね〜
何故? 温暖化? 人間のおごり、譲らない人間への戒め!!

何時もですが、文章力が、羨ましい〜〜〜〜
>本人は書くのが好きだから、どうってことはないのですが

少しわけて欲しいです!

たえこ
2012/05/04 21:20
たえこさん、こんばんは。

ザーンダム、なかなか魅力的ですね。たえこさんの写真を拝見すると。

写真をお撮りになるのがうまいから、ザーンダムの、本当の実力以上にきれいに見せていただいているのでしょうね。ザーンダムは、うれしくって、感謝、感謝で両手を合わせているかも。

コメントの書き込み、どうぞ、気になさらないでください。たえこさんが恐縮される必要もないことです。こちらはかくのが好きで、勝手に書かさせていただいているだけ。好きで書いているだけですから。

こちらへ書き込んでいただくことも、気になさらないでください。

>土砂災害はまさに今日の日本の最近の現状と重なりますね〜

そうそう、おっしゃるとおりです。
人間、大自然に対しては譲れの精神、謙虚な気持ちが大切なのかも。日本の原発についても、そういう気持ちが大切なのかもしれませんね。

文章力などは、残念ながらありません。好きで駄文を書いているだけで。。。

こちらは、どうしてあんなに温かみのあるいい写真をお撮りになれるのか?? たえこさんの美的センスがうらやましいです。
hiroshi
2012/05/04 23:46
hiroshiさんは次々とお出かけで、その後に少しでも近づきたいですが、何処にすれば良いの今回の写真では、マダマダ緑が濃いので紅葉にはチト早かったのかな・・などと思って見てます訪れるのは春から紅葉の時期でしょうが・・紅葉の盛りはやはり寒いのだろうな・・
クルーズ掲示板の方が賑わってますね。
色んな情報が溢れててツアーってどれだけ手間賃を払ってるのかななんて思うと、どれ位安く行く〜なんてのも面白いのだけど
資金が必要です。宝くじ当てたいな
石鹸の塊とか、木製品とかを見てユックリ回りたいこちらの街々

ココン
2012/05/07 10:42
ココンさん、こんばんは。

ただいま、都心へ出てきておりまして携帯で書いております。相変わらず小さなキーボタンが苦手で、ごめんなさい。2〜3日したら戻ります。戻ったら、またコメントをさせてくださいね〜。
hiroshi
2012/05/07 20:06
新潟からこんばんは。
朱鷺メッセの学会です。
東京にお出掛けですね。
今日は午後からざんざん降りですね。
世界中には、面白い名前が有るんですね。
しかも、感嘆符付きなんて。
また勉強になりました。
そして、なんて素敵な往復書簡なんでしょ。
うあっはっはーでした。
たえこさんと同じくコメント欄を開けて
頂いて有難うです。
感謝です!
murmur1
2012/05/10 23:05
murmur1さん、こんばんは。

そうですか?新潟でらっしゃいますか?
学会ですね? お疲れさまです。
こちら、たったいまホテルへ戻ってきました。もう若いころのように無理はききません。ハシゴ酒などは出初式の半分の梯子でも登れ?なくなっています。とほほ。先生と入れ違いのようでなんですが明日帰ります。戻ったらコメントさせてくださいね〜。
hiroshi
2012/05/10 23:49
ココンさん、

お返事が遅れました。

そして。
とんでもございませんです。
ココンさんの楽しいご夫婦旅のように、縦横無尽の自由闊達なそれを見習いたいものだと、常々思っているのはこちらです。

行き先は、お決めになっていたのではなかったですか?
ご主人のおっしゃる、寒いところではない土地へ。あったかいのがいちばん。

hiroshiメも同じように思います。ご主人のおっしゃるとおり。ご意見、大賛成です。

ということで、みーな丸さんおところで拝見した、あちらでらっしゃいましょ? 次は。西にするか東にするか、お迷いでらっしゃったようですが。。。

hiroshiメの、たった一回づつの乏しい経験では、西は庶民的なスポーツ・アクティブ派的なエクスカーションの楽しいコースでしょうか。東は観光が面白い。ちょっと、西よりも高尚な印象の島や街が並ぶ。荒っぽく言えば、そんな印象でしたが。。。

良いですよね〜〜。
お迷いになっている時が、一番楽しい時かもしれませんね。お互い。

>資金が必要です。宝くじ当てたいな

ねぇ〜〜
こちらも、お互い、頑張らねばいけませんね。エール交換です。フレーフレー
hiroshi
2012/05/11 20:38
murmur1さん、こんばんは。

今ごろは、おう、ホテルへお戻りなんでしょうね。

学会、お疲れさまです。
ネットで検索してみたら、本日現在でまだ、スケジュールや申し込み受付サイト、講師の皆さんのお名前や研究テーマなどが残っていました。

明日まで、なんですね。
ホントに、お疲れさまです。
美味しいお米のほか、魚介類などおいしいものもたんとお楽しみになってお帰りください。

先般、ちょっとご無沙汰であった昨年のあの船の旅日記を拝見できて、なぜか、随分うれしかったです。
murmur1さんのブログの、楽しさの一方の柱が、旅日記ですものね。香港やハワイ、伊豆行きのあの記事は、とても魅力的ですから。。。戻ってきてくれて、読者の一人としてとてもうれしかったです。

いずれ、まだ戻っていないあちらの記事も、再び拝見させてもらえる時が来ますように。祈っています。

ご丁寧に、わざわざ、お忙しい学会の場からコメントを頂戴して、まことにありがとうございました。
hiroshi
2012/05/11 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

びっくり「!」名の海。見下ろすサグネイの街。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる