潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS クルーズの華の一つ、“甘党祭”。ケーキとチョコに酔う。

<<   作成日時 : 2012/05/11 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 15

 

画像卒業×周年の、来年に開く同窓会、下準備のため、九州に住む学生時代以来の友人と、彼が取ってくれた足の便のいいターミナル駅のカジュアルなホテルに同宿して。

このホテルを足場に、久々、二夜連続で、ホテル近くの歓楽街を飲み歩き、しました。

齢ですね〜。

若かったころ、熱気と覇気とバイタリティに溢れて見えた若者の街は、この齢になるとさすがに、ちょっと疲れました。

画像ホテルの部屋から見える、パッとしない天気の空の下で跋扈する新しい高層ビル群の一角も、線路を挟んだ反対側の、ネオンと猥雑な看板の目立つ古い歓楽街の景色も。田舎暮らしにすっかり馴染んだ年配者には、ちょっと剣呑で温もり感薄く、けばけばしく。。。

ターミナルから離れててもいい。
緑濃い庭園が広がるか、武蔵野台地の名残の樹林が畏れ多くも眼下に望める風景か、はるか遠くでもいい、朝日を跳ね返す青い海が見える、そんなホテルがやっぱり、いい。です。

画像この間。
準備会に先立って、連れ合い、相棒のショッピングにもお付き合い。

ことのついでに。
暑い夏を安上りに、じじい、らしく? 颯爽??と乗り切る“今シーズンの新商品”を何点か、入手してきました。

そうそう、昨年に一度こちらに「覚え書」した、あれ、です。

画像連れ合い、相棒が何を思ったか、四年前に初めて買い込んで来たのを契機に、渋々身に着けてみたら、なんとまぁ、これは涼しくて、気分的に何とも安楽で、実に良いモノではあるまいか、と。

だらしなく、お気楽にも。すっかりとりこになっちゃって。。。

かつての日本映画、『古い奴だとお思いでしょうが。。。』の俳優鶴田浩二さんの主演作をはじめ、任侠路線映画の半ば“制服”でもあった白のチジミ時代。

座布団を二つ折りにして枕代りにし、寝転がって白黒テレビの野球中継を見ているわが父や祖父のだらしのない姿を見るにつけ、多感な中学生であったこちらは「大人になっても、自分は絶対にあんなモノは身に着けない」と固く誓って60代半ばまでは、しっかり守り抜いて生きてきたのですが。。。

その後。
色がついていて、あれとは違うンだそ、などとおのれ自身に無理やり言い訳していますケレドモ。。。所詮、モノは同じで、誓いは無念にも破られてしまいました。

画像今年の入手分でちょうど、これで通算、2週間は柄違い、色違いを毎日替えながら順次楽しめる? 段取りとなりました。←アホ、ミタイデス、ケレドモ。

冗談なのか本気なのか?
連れ合いは、「船にも持っていったらどう? プールから上がった後、プール周りで水着の上にぐ、ぐ、ぐんとこれ見よがしに履き込んで、デッキチェアにそのまま寝ころんで、外国の男性諸氏に、ニッポン男児これにあり、ってみせつけてやったらおもしろいンじゃぁ、なぁい??」 などと。申しておりまする。

いっちょう、やってみるか!! などと。
こちらも本気で思ったりして、おりまする←アホ、ソノモノ、デス。




画像



ということで。
ハナシを本題の、長々と続けている←アマリニ長クテ、マルデ、バカ、ミタイ←。。。
昨秋の、ニューイングランド、カナダ、東海岸クルーズに戻して。。。

2011年10月6日、木曜日、午後5時。
セレブリティ・サミットはサグネイ・フィヨルドの中の、夏場に賑わう小さな街、ラ・ベェ(La Baie)の埠頭を離れました。後は終日航海日、我が家で言う「海の日」が2日連続で。その翌日は、ニューヨーク湾着予定。以降のスケジュールはこれだけ。あとは寄港地なし。だから観光もなし。

寂しいことに、クルーズはあと少しで終わりです。

画像この夜、夕食は、ツアー仲間の皆さんのそろうダイニングテーブルはもとより、どちらのレストランのディナーテーブルにも、つきませんでした。

そして。

デッキ10、「ウォーターフォール」と名付けられたブッフェへ一直線。
今回の乗船では、出港以来初めての訪問となる「ジャパニーズ・スシ」という名の寿司コーナーへ。

なぜ、こちらなのか、その理由。

おっほっほ。
味の当たり外れに落差大きく、さほど期待できない、外国船のカジュアル・シップやプレミアム・クラスの範疇の船です。
端っから、寿司に魅かれてこちらへ行ったワケではないのです。

画像が。。。

胃袋に、隙間を作っておこう。ならば、味は不味かろうがお、いいじゃぁないか、と驚こうが、どっちでもいい。少量で結構満腹感を味わえる寿司がいいではないか、と。

そういう、さもしい魂胆でした。

そして。
「別腹」といってもねぇ。
口に入れて、収まる場所は、所詮一つ。やっぱり、隙間を作っておいた方が楽しめる。そういう狙い。でした。

画像


画像



午後10時45分。
1フロア上の船首部分、11デッキの「レヴォリューション」という名の、展望ナイトクラブでそれは始まりました。

何が始まったか?

クルーズ・ファンならば先刻ご承知の通りの、あの甘い催し。
「甘党祭」などと、こちらは勝手に名付けていますが。。。


画像


画像



この船の今回のコースでは、HALの船でいちばん馴染まれているのではなかろうかと思うネーミング「デザート・エクストラヴァガンザ(dessert extravaganza)」の名がついていました。

そのHALの船に初めて乗った8年前の「デザート・エクストラヴァガンザ」。

そして。
この船会社、セレブリティのクルーズ船に初めて乗った5年前。
意訳すれば「壮大で魅惑的な深夜のブッフェ」となる、『ル・グラン・ブッフェ・ミッドナイト・マニフィック(Le Grand Buffet Midnight Magnifique)」という、豪華なネーミングの催し。。。

その後の、日本式に意訳すれば、タイトルはせいぜい「調理場祭り、あるいはお菓子祭りのイベント(Culinary Gala Event!)」と名乗っていた甘党祭よりも、豪華さでは一段も二段も上の印象でした。


画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像「ル・グラン・ブッフェ」は、特に。その名前の通り、豪華、華麗さでは際立っていたですね〜。

プチフールやショートケーキ、バターケーキ、ティラミス、マフィンなどの小さなスィーツに混じって、ド、ド、ド〜ンとホールケーキが何個も置かれ、中には豪華なウェディングケーキ風な3段重ねのそれさえ並び、さらにはビスケットやクッキー、大きな飾りパンなどなど。。。



画像乗船客に供される前の30分間の写真撮影タイムに会場を巡っていると、幼き日に読んだあの童話の兄妹のように、ホンモノのお菓子の城に迷い込んだように胸が高鳴って。。。

やっぱり、あれ以降、クルーズ船の世界は、世界的な経済の低迷、クルーズ・ライン間の競争激化もあって、ちょっぴり、経費を絞り込んでいるのではないのかな??と。
そう思います。

そしてあれ以降、残念ながら、あれほどの楽しい甘党祭には巡り合えません。昨年初夏、久しぶりに乗ったHALの船、ユーロダムのそれが、ちょっぴり、あれに近いかな?と思った程度です。


画像


画像


画像


画像




今回も、チョコレート・ファウンテン、チョコ噴水こそ2基、置かれてはいましたが、ホールケーキも飾りパンもなし。

とはいえ。

お腹に隙間はしっかり空けちゃっていたもので。
午後11時45分に閉幕するまでの間。好きなスィーツをかなりのカズ、しっかり埋め込み、満腹、満腹と腹をさすりさすり、キャビンへ戻ったのでした。


画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん 

いつも楽しく読ませていただきながら、読み逃げ常習犯で失礼しています。
でも、今回は何だかソワソワしてしまって、久しぶりに書き込ませてもらっちゃいました。

冒頭の新宿の夜景に始まって、中盤からの美味しそうな写真の数々、何だかその場に漂う甘い香りが伝わってきそうです。
お料理の写真がこうやって美味しそうに撮れるといいですね〜 羨ましい!!
ぽんぽこりん
2012/05/12 01:09
こんばんは。hiroshiさん!!
甘党祭!!題名から心惹かれる内容でした〜。すごい!!すごいですね!!こんなにたくさんのケーキやゼリーやらのデザートが並んでいると、甘党の私は見ているだけでも心がウキウキしてしまいました〜。ウガンダではケーキというものはほとんどありません。首都のカンパラに行った時でないと贅沢なものは食べれません〜。クルーズっていろんなイベントがあるんですね。甘党祭。いいなあ〜。私も絶対参加してみたいです プチケーキのサイズがこれまた食べやすくていいですね。ほんとに美味しそう〜!!!
あおちゃん
2012/05/12 02:11
ぽんぽこりんさん、おはようございます。

いえいえ、読み逃げは、こちらの方が多いかも??とくに先般は、アドリア海クルーズ時の、モンテネグロの世界遺産の湾沿いの街、コトルを、随分楽しく拝見しました。あと2週間あまりほどで、あちらへ初めて訪ねるんです。おかげさまで、随分勉強になりました。

写真がすばらしいいですね。さすが、さすが、ぽんぽこりんさん、と、穴のあくほど観させていただきました。穴が開いていませんでしたか? ホッ、ですね。

と冗談はともかく。
ぽんぽこりんさんほど素晴らしい写真は撮れないこちらですが、あの街を訪ねて追随させていただくのことにウキウキしています。

足跡をのこしていたいこちらこそ、大変申し訳ないと、日ごろ思っています。

写真の腕は、こちら、ご存じの通り、まだまだですね。ぽんぽこりんさんやたえこさん、murmur1さんのように上手になりたいと思ってはいるんですが、齢で、もうダメですね。進歩はないようです。

それにしても、お乗りになったあの船室。さすが、豪華ですね〜。hiroshiメには、絶対に果たせない夢の世界でした。見せていただいて、楽しかったです。
hiroshi
2012/05/12 10:22
あおちゃん、おはようございます。

しばらく記事が載っていないので案じておりました。
お忙しそうですね。
あちらの、あの赤い大地で、がんばってらっしゃるあおちゃんの姿が、見えるようです。

>甘党の私は見ているだけでも心がウキウキしてしまいました〜。

おっほっほ
ケーキ作りの才能豊かなあおちゃんにそう言っていただくと、とてもハッピーです。

そうですよね。
本当の味は、こちら、味覚音痴だもので、わからないんですよね。甘ければうまいと思う単純な舌しか持っていないもので。。。

いつの日か、あおちゃんがこんなデザート祭に参加された記事を拝見したいものです。そして、ホントのところ、あれはおいしいのか、そうでないのか、教えてほしいです。

イベントは多いですね。外国のクルーズ船は。
でも最近は、なんだか、お金のかかりそうなそれは随分hって来ているか、規模を縮小してきているような気がします。

あとしばらくで、いらっしゃってから半年が過ぎますね。暑い夏を迎えます。
アフリカ、ウガンダの大地は、夏はかなり厚いのでしょうね。おからだ、お大事に。
hiroshi
2012/05/12 10:33
hiroshiさん  コンニチワ~~

まあ〜 首都にお出ででしたか? それはそれは!!
外国って思ったり、コンペ? 

クールビズお買い求めでしたか?
あれが男性用? もしや? シルクですか? 
我が田舎では、中々見かけないお品ですよ〜

私は安物の綿の物を愛様です。 確かに軽くて涼しいですが〜

さてさて、「ル・グラン・ブッフェ」は同じ場所に居るみたいの画像です。同じ品々なんですから〜

間もなく載せる用意(下書き)したばかりです。

horoshiさんは召し上がったんですね〜〜〜

私は一口も頂かず、今思うと失敗!! 
食べれば良かった〜〜 何時ものグチです。
美味しそう〜〜〜〜
 
たえこ
2012/05/12 14:49
たえこさん、こんばんは。

あはは。←照れ笑いです。

>クールビズお買い求めでしたか?

とても、とても。そういう高尚なモノではありません。ステテコです。
シルクなど、とんでもありません。綿に、比較的に簡単に乾く、例の化学繊維が少々混じっているだけです。シルクなどという高級品ならば、こんなに買えません。お値段がべらぼうになるでしょうね。

わが田舎でも、果たして売っているのかどうか?
やっぱり、↑こちらへ出かけないと入手困難なのではないでしょうか? 今回も、連れ合い、相棒が日本橋まで連れていってくれました。

>間もなく載せる用意(下書き)したばかりです。

お、それは、それは
たえこさんのお写真が楽しみです。

一眼をお持ち込みになりました?
こちらは、目いっぱい食べたかったもので、会場へは小さなコンデジしか持っていきませんでした。やっぱり、一眼を持っていくべきでした。↑ ちょっとピンとはずれの写真も結構ありました。

味は、甘過ぎもせず、なかなかグッドでした。
hiroshi
2012/05/12 20:51
首都には、購買力を駆り立てる物が沢山あります〜
こちらでの生活の必須アイテムは、マネーです。
夫もステテコ愛用者ですが、こんなカラフルではないです。昔からの真っ白白です
でもズボンに、下着直ばきは、出来ないと言います!分かりますよ。私にも
若い人にも流行ってきてるんですよ〜hiroshiさん。トレンディ〜
セレブリチィのケーキブッフェは、見事ですねとても綺麗です。
でも真夜中のパーティでは残りますよね!?勿体ないな・・という庶民の私には乗れない船かも
カリブにしようかな〜
日付変更線を越えた場所のクルーズは、友人とです。
日付変更線を越えた事のない友人の
ひづけ〜〜♪ご〜〜え〜〜
ココン
2012/05/12 22:03
ココンさん、こんばんは。

あはは。

>ひづけ〜〜♪ご〜〜え〜

これは、節は、例の「天城ぃ超えぇ〜〜♪」の、アレ、でしょうね〜。
思わず歌っちゃったデス。

なるほど、なるほど。
そういうワケですか。機内の窓から眼下の赤いラインを眺めようという計画ですね。うっしっし。子供のころ、海の中に真っ赤な線がホントに引かれているのだと思っていました。

ズボンの直ばきは、汗が大変ですよね。
hiroshiメは、若いころ直ばきしていたのですが、アメリカでメンズ・スパッツやメンズ・レギンスを知りまして。仕事をしている時は、身体にきちっとフィットしてステテコよりも快適に感じました。リタイア後は少し太ってきて、あの締まりがしんどくなりました。

>真夜中のパーティでは残りますよね!?勿体ないな・・という庶民の私には乗れない船かも

おっほっほ。
もう既に乗ってらっしゃるではないですか。
加えて、セレブリティよりもさらにハイレベルだと思うHALにも、つい先お乗りになったばかりだし。

ただ、おっしゃることはよくわかります。
こちらも、もったいないなぁ、と思いますね。残れば海へ廃棄される運命ですからね。あのケーキたちは。
クルーズそのものがある意味贅沢で、地球上人類にとっての食糧不足に不必要なモノですから、罪悪感を心のうちで握りつぶしてやり過ごしておりまする。悪いヤツですねぇ。。。
hiroshi
2012/05/12 23:06
あの建物が見えるって事は愛宕の方。
うちの近く?にお止まりでらしたか?♪
ステテコって言うのには勿体ない装いです。
奥様のプールサイド発言、素敵です!!
デザートブッフェ、美しすぎます。
昨年、シルバシーのチョコホリックブッフェは、丁度フバールのエクスカーション中で頂けませんでいた。
hiroshiさん、臨場感溢れるデザート達。見とれちゃってます。
ヘンデルとグレーテルになった気分です。
一時幸せな気分になりました。
有り難うございます。

hiroshiさん、イル・サン・ピエトロの日記を2011.10.31に加えました。どうしてもお蔵入りに出来なくて。
御出発前のお忙しい時と思いますが、お時間が空いた時に、少しだけ覗いて頂けたら幸いです。
murmur1
2012/05/14 22:21
murmur1さん、こんばんは。

シンデレラではありませんが、ホンの少し前、時計の鐘が12個なり終わる前に、なんとか帰宅できました。

最近、何かと飲む機会が滅法増えて、困って?? 喜んで???おります。胃袋の方が
と、冗談はともかく、休肝日を作らないと。。。

おっほ
そうですか? またまた拝見できますか
あの素晴らしい記事。

>イル・サン・ピエトロの日記を2011.10.31に加えました。どうしてもお蔵入りに出来なくて。

お蔵入りなど、なさっちゃいけません。
もったいない。あんなに素敵な旅日記。murmur1さんに悪いですが、なぜ? なぜ?? と、あのひっくり返った船を恨んでいました。戻ってきて、とても良かったです。
まだ夕食、もう夜食タイムですね、夜食前なもので、お腹が空いています。食べ終わったら、さっそくのぞかせていただきます。

出発は、まだ2週間足らず先です。飲む機会が増えて忙しがっていますが、それ以外は、まだ普段と同じです。

そうそう。
残念ながら、murmur1さんのご近所ではありません。新橋界隈ならば以前通った、飲みなれた場所も結構あるのですが、今回は、学生時代以来ちょっと無沙汰であった歌舞伎町界隈。割烹もそこそこありましたが、やっぱりあちらは、若者の街ですね。オジンの行く街ではありません。ちょっと疲れました。
hiroshi
2012/05/14 23:47
ご、ご、ごめんなさい。
hiroshiさんのお言葉を読む前に、コメントを全部入れちゃって、しかも今気が付いたんです。私。hiroshiさんは、きっとそんな風におっしゃられそうだな、って思いながらコメントを入れた上、たった今頃気付くなんて、本当に気が回らなくてすみませんでした。。。

歌舞伎町の方で飲んでらしたのですね。歌舞伎町、もう、記憶がないほど行っていません。行かれるなんて、すごいわ〜〜。ゴールデン街って奴ですか。目に星が入っちゃいます∧∧。行ってみたいです〜〜。
最後に、hiroshiさんのお言葉に気付かず無粋で、本当にすみませんでした(涙)
murmur1
2012/05/15 21:36
murmur1さん、こんばんは。

いかがですか?
お仕事の方。お忙しいお立場に、おなりになったんではありませんか? いささか旧聞、なのかもしれませんが。。。

いえね。
最近は、ちょっと伊豆の方も、議事堂の方も、訪ねてらっしゃるお時間がないようにお見受けするもので。いずれ、またおいしいお話を聞かせていただける日がくるのでしょうね。

こちらは、いま、大慌てで次のクルーズ日記を、創り上げています。どうも粗製濫造、あ、乱造というほど書いていませんが、、、少々慌ただしい日々が続いたもので雑にしあげているところです。

>気付かず無粋で、本当にすみませんでした

注意力散漫??なのでしょうか?
何をおっしゃっているのか、わからないもので、こちらこそごめんなさい、です。

murmur1さんおお話は、お作りのブログ同様、いつも楽しいハナシばかりです。

>ゴールデン街って奴ですか。目に星が入っちゃいます∧∧。行ってみたいです〜〜。

あはは。
そういえば、先だっては、ガード下のちょっと変わったお店も、入ってみたい、と記事になさっていましたですね〜。そうそう、4〜5人で満員となるあのお店。先生にお似合いにならないハナシだと笑いながら読ませていただきました。ひょっとすると、わが家の相棒と同じく、先生も野次馬派??でらっしゃいますか? 楽しい方ですね〜やっぱり。
hiroshi
2012/05/15 22:28
再度、すみませんです。

>気付かず無粋で、本当にすみませんでした
ほら、クルーズへ貴重なコメントを頂いたのでお返事を入れさせて頂いたら、拍手コメントに、返事は無用ですと。。
あの事です。
回りくどい言い回しですみませんでした。

hiroshiさん、、鋭い。。いえ、そんなたいした事ではないのですが、そんな事に新年度からなりました物で。
めまぐるしい毎日です。
でも、コツコツブログは続けて行きますです。
これからもお付き合いを頂けたら嬉しいです。
ご心配頂いて、有り難うございます。
(大好きな伊豆にもなかなか行けなくて。)


murmur1
2012/05/15 23:17
murmur1さん、

あ、わかりました。
あのことでしたか。

いえいえ、こちらこそ相済みません。
あの時は数多くのコメントを、ついつい、うれしくて入れちゃった後、あ、しまった、こんなに書き込んでは、コメントのお返事を、忙しくてもきっと書こうとされる律儀なmurmur1さんにご迷惑をおかけする。。。そう思って「お返事は云々」と拍手コメントで書かせていただいたんです。

正直、几帳面で律儀な方だから、ひょっとすると、全部にお返事をなさるかもしれない、と、半ば思ってもいたんです。あ、期待してもいた もので、いまとなると、すっかりあの経過を忘れていました。

逆に、全部にお返事をいただいて。
まことに、まことに。

そうですか。

>鋭い。。

それは、それは、おめでとうございました。
ブログをお続けになるお気持ちだとのこと、読者の一人としてまことにうれしいです。
ご昇進されたお立場のことも、大変うれしい。murmur1のような、患者の立場に立って考えていただけるドクターが責任ある立場におなりになっていくことは、とてもうれしいことです。
hiroshi
2012/05/15 23:53
〜上より続く〜

murmur1さん、ごめんなさい。

↑ murmur1「さん」が抜けていました。
hiroshi
2012/05/15 23:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

クルーズの華の一つ、“甘党祭”。ケーキとチョコに酔う。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる