潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS コペル。名所よりも面白い“迷路”の路地、この街にも。

<<   作成日時 : 2012/08/17 22:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11



1年9カ月ぶりに、イタリア海軍、練習帆船を見ました。
『アメリゴ・ベスプッチ』。


画像



画像といっても、今度は、モデル・シップ。でしたが。。。
一応。
きちんと、イタリア海軍旗を掲げておりました。

ヴェネツィアの、スキアヴォーニ河岸の東、サン・ビアッジオの河岸で偶然出会ったあのころを想い出して、またまた、ヴェネツィア、行きたい病に。。。


画像



画像出会ったのは、こちらで。
ほかにも、すっきりした細身の外観で、アメリゴ・ベスプッチ同様に好きな帆船の一隻、ポルトガル海軍の『サグレスU』をはじめ、何隻もの帆船模型が常設展示されていました。

できれば。
なんとか、帆船クルーズ船、トールシップに、一度は乗ってみたいものです。熱望しているのですが。。。



画像


画像


2012年6月2日、土曜日。
クルーズ談義、イストラ半島、コペル寄港時の続きです。

といっても。今回は、写真だけ。です。


画像


画像


実は。

路地が好きなんです。
路地のある中世の街並みは、とても魅惑的です。

なかでも、細く、複雑に入り組んで、高い家並みの壁に囲まれて、迷路状態になっている路地のある街。そんな街は、無性に歩き回りたくなる。

昔。

太平洋戦争時の空襲で、一説、全国で170ともそれ以上ともいわれている、膨大な古い家並み、街並みが焼け野原となっちゃった日本。そのころまでは、日本でも、江戸時代から続く古い、そういう街並みの街が多かった、のだそうです。

路地と路地裏。袋小路、辻、横丁が、複雑に入り組んでいる街が多かった。。。とか。


画像


画像



とか。。。と書くのは、こちとら、終戦時はまだ幼児期、幼かったから。

つまり、そんな古い街並みは、太平洋戦争で焼け残った金沢とか萩とか松山とか会津若松とかの一部の街の、さらに、街並み保存の人工の網がかぶせられたホンの一握りほどの街と。

夏目漱石や森鴎外、永井荷風らの小説や司馬遼太郎の「街道を行く」シリーズの、たとえば「本郷界隈」などなどのエッセー。

加えて、落語の「はっつあん、くまさん」や浪花節の「森の石松」。そんな読み物か下世話な娯楽以外では、路地とか横丁とかのある、味わいのある街は知らない。


画像



太平洋戦争で空襲被害に遭わなかった松江、会津若松などには、その後の近代化、都市再開発の荒波が襲来。その波から逃れたほんの一部街中に、かすかに片鱗は残っています。

が。。。観光化の波にのまれて、どこかよそよそしいですよね。印象は。
人が実際に住んで生活している場としての、汚れた感じや崩れた印象が薄い。

で。
ヨーロッパ。
なかんずく、崩れかけて漆喰が剥げ落ち、煉瓦壁がむき出しになったイタリアやスペインなどの、古い街並みに魅かれるんです。


そして。そのその最たる街。
それが、ヴェネツィア、なんですね。こちらにとっては。


画像



といわけで。
ヴェネツィアゆかりの街を訪ねるのが好きなんです。
似たような「迷宮」のイメージと、ちょっと汚れた、いうところの「小汚い」印象が良い。ということなんです。

コペルは、期待通りの、そんな街でした。

ちょっと小汚い、迷路風な路地が走る、車の通らない、あるいは車は通っても、人間に遠慮して小さくなって、「ゴメン、ゴメン」と謝りながら、よちよちと走っている。そんな街並が、続いていました。

街の規模は小さかったです。
けれども。路地も横丁も、しっかり残っていました。


画像


というワケで。
今回は、その街並みの写真を置き並べました。

こんな街並みを撮っていると、ついつい、シャッターを早打ち、乱れ打ちしまくっている自分を発見します。
この街でも結局。後刻、調べてみたら、この街だけで、およそ1200枚ほども、写真を撮っていました。

今回は最後にちょこっと。おまけ、で、名所も並べました。


画像


画像

コペルの街の高台、最頂部にある街の中心、チトー広場。今は消滅した、かつてのユーゴスラビアのチトー大統領の名を、今も残している広場。チトーの存在は、現在のスロヴェニア国民にどう評価されているのか、読めるような広場の名前だ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。hiroshiさん!!お久しぶりです☆☆

模型すごいですね。模型とは思えないくらいすごい細かくて精密にできてるんですね。

細いロッジも私も好きです。こういうところに意外と隠れたいいお店なんかがあったりするんですよね〜。日本でもそうですけど、海外でも雰囲気があっていいですよね。ロッジにテーブルが並んでいて軽く食事をしているおじいさん。とってもいい感じの印象ですね〜。ゆっくりと時間が流れている感じで
あおちゃん
2012/08/18 19:13
あおちゃん、

お久しぶり〜〜
お元気ですか?
その後、危険はないですか?
こういう風に、コメントを拝見できる、ということは、何事もなく、お元気な証拠、と理解しておきます。

ちょっとしばらく、ブログの日記にお書き込みがなかったから、心配でしたが、記事がまた載りはじめたので、ちょっと安心しています。

>模型すごいですね。模型とは思えないくらいすごい細かくて精密にできてるんですね。

ねぇ〜〜
初めて見ました。あれほどの、数多い帆船模型。結構大きいんですよ。どお帆船モデル湿布とも、全長で1メートルほどもありました。

そして。ホントに、本物そっくりでした。

写真、お褒めいただいて、うれしいです。

>テーブルが並んでいて軽く食事をしているおじいさん。とってもいい感じの印象ですね〜。ゆっくりと時間が流れている感じで

そうそう
同じ思いになりました。あちらの場所を通りかかた時。この場所で、10枚以上も写真を撮り、あのおじさんに見ていただいて、ブログに載せてもいいというお許しをいただいて、どの写真を載せるか、あの方に決めていただき、最後に、記念写真を一緒に撮ってきました。
hiroshi
2012/08/18 19:50
hiroshiさん  こんにちわ〜

帆船は目の毒です。 買いたいって言われたら困るから〜です。
お好きなの判りますわ〜 ステキです。

路地の画像は私も好きです。チョット太めのご婦人が立ち話〜
若く美しい旅の女性がミニスパッツで颯爽と〜 なあ〜んてね〜〜

執政官宮殿のVに切り込まれた屋上の装飾も美しいです。

建築様式にも無知ですが、聖母被昇天聖堂はアッシジ、フランチェスコ聖堂の様な質素な感じが好きです。
アッシジの教会に岩波牧師が居られて〜 もう〜居ないでしょうが? 思い出深いです。

hiroshiさん!! 良い旅されて〜〜
お盆のご来客様のお相手ご苦労さまです。

我が家は、早く来た人もいて〜 遅く来た人と ボーリング場に〜 下手な私は引き立て役です トホホ~~~
たえこ
2012/08/19 16:33
たえこさん、こんばんは。

おっほっほ。
そうですか?
ご主人も、帆船ファンでらっしゃますか? お仲間、お仲間
そして、モデルシップをお持ちなんですね〜。うらやましい。hiroshiメは、たった2隻しか持っていません。たえこさんと、ひょっとすると同じですかね。連れ合い、相棒が買うのに反対して、買えません。
クルーズを止めるなら。。。と言いますが。。。これも捨てがたい。。。

と。思い出しました。最近、ココンさんとのコメントのやり取りを拝見して、「いいな、いいな」と羨ましがっています。またまた、イスタンブールへいらっしゃる船ですね?
いいなぁ〜〜。

そうですか?
たえこさんも路地がお好きですか?
いいですよね。大通りよりも味わいがありますものね。

アッシジ、サン・フランチェスコ聖堂、おっしゃるとおり、良いですよね。フレスコ画も素晴らしいし。アッシジは、路地も多いですし。そうそう、日本人の司祭さんがいらっしゃいましたよね〜。代々、交代で日本人神父さんは加わってらっしゃるのではないでしょうか?

夏休みの来客、本日でようやく一段落しました。あと、月末に一組が墓参にやってくるだけです。
疲れました。
明日から、少し休養です。

そうですか? ボウリングを
たえこさん、スポーツ派でらっしゃいますね〜。

hiroshi
2012/08/19 20:15
感の良いhiroshiさんおはようございます
路地の写真良いですね。好きとかそんな風に思った事が無かったけれ、言われるとそんな風景の中に有る自分が好きです。
商店街が有る風景も好きです。
近代建築のビルで無くて、味わいのある物が良いですね。そしてそこに人が居なくては駄目なんですよね〜
こういう路地、迷路を散策するのにクルーズ船は忙しいです。
と言う事で、先日書いて頂いた事に早速甘えます。
アテネで中途半端な時間が出来ました。と言うのもエミレーツにしたので、2:00pmに到着しホテルに行くと、その日はその近辺を周るだけかなと・・
次の日は半日は時間が有ります。アクロポリス等の観光地はざっと見た事が有りますが、もう一度この観光地を見るのが良いのか、少しは足が伸ばせるのか・・
デジブックの山の上の修道院でしたか?にも惹かれています。
おねげ〜します。hiroshiさんならどんな一日を過ごすか教えてくだせぇませ〜
ココン
2012/08/22 09:58
ココンさん、こんばんは。

おっほっほ。
そうですか?
「感の良い」と言っていただくのを、勝手にほめ言葉と受け取ら得ていただいて。。。当たっているんですね? たえこさんへのお返事の文章。

というとは。
やっぱり、ご一緒にいらっしゃる?
あれ、まぁ〜〜
やっぱり、羨ましい〜〜。
hirohiメも、お誘いいただいたのに、残念です。

こちら、だいたい、半年前までには次の旅行を手配したりツアーならば申し込んだりしちゃっているんですね〜。で、お誘いいただいたときには、ほぼ、手配を終ていたもので。。。
いつか、連れていってください。
オコンさんとココンさんのお供をします。きびだんご、一つ、お願いします。←きびだんご、のつもりです。

>デジブックの山の上の修道院

あちらは、ちょっと遠いです。ギリシャ北部、メテオラは、レンタカーで、ちょっと道に迷ったりして、アテネから6時間ほどかかります。迷わなくても5時間はかかるのではないでしょうか。近くのデルフィとあわせて、メテオラのふもとの街、カランバカ辺りでホテルをとって、一泊二日の行程でないと無理ですね。
hiroshi
2012/08/22 22:10
〜上から続く〜

前後しましたが。。。

でかけていて、お返事遅れました。

そして、もう一度。

アテネはお二人ともお詳しいのですよね。あちら、こちらの博物館も行ってらっしゃいますし。たえこさんは、国立考古学博物館の写真をブログに載せてらっしゃいましたし。
3年前に完成したばかりの、新アクロポリス博物館はいってらっしゃいましたか? もしいってらっしゃらないならば、候補の一つにいかがですか?

午後2時以降ですか〜。
hiroshiメならば。。。そうですね。リカベストの丘にお登りになったことはありますか? アテネで一番高い丘です。地下を走るケーブルカーが山頂まで連れていってくれて、頂上には、ミコノス島のパラポルティアニ教会のような、純白のゲオルギオス教会があり、アテネの街が一望で、夕刻くらいからの光景はナイスです。レストラン&カフェもありますから、ムードいっぱいの夕食などにも面白いですよね。
hiroshi
2012/08/22 22:12
〜上から続く〜

アテネ近郊観光だったら、スニオン岬にいらっしゃったことはありますか? ポセイドン神殿もあり、途中には風光明媚なアポロコーストもあり。レンタカーでいらっしゃれば1時間半ほどでしょうか。数多くのツアー会社が、午後3時前後に中心街、シンタグマ広場周辺の集合場所から出発する半日観光もやっていると思います。日本語でネットで検索をかけると、簡単に見つかるかと思います。

そうですね。
自分だったら、スニオン岬、またはビザンチン博物館とリカベストの丘、翌日に新アクロポリス博物館とオモニア広場近くの中央市場ですかね〜〜?
hiroshi
2012/08/22 22:13
〜上から続く〜

ここんさん、今、読み返してみたら、いくつか間違いが。。。

細かなそれは、どうでもいいですg、固有名詞で。。。

○リカベトス ×リカベスト

hiroshi
2012/08/22 23:36
hiroshiさん。沢山の情報をアリガトーゴザイマス
エギナ島やイドラ島などへフエリーで行くのも良いですね^^
URL大変参考になりました。
1人より2人で、アレコレ計画を立てるのが、こんなに楽しいとは思いませんでした〜ね。たえこさん。
たったの一泊二日ですが充実の観光が出来そうな予感
この先も宜しくおねげぇします
ココン
2012/08/23 22:02
ココンさん、こんばんは。

mixiでのお返事の、タイムテーブルの元ページのURLをご紹介するのを忘れていました。

あれは、↓の

http://www.aeginagreece.com/aegina/pages/boat_timetables.html

のうちの、上から2段目、左端の「Hellenic Seaways Dolphins」の、最下段のPDFによるタイムテーブルです。残るエギナ島へ行くフェリー会社も、↑ のサイトに載っています。

>たったの一泊二日ですが充実の観光が出来そうな予感

いいなぁ〜。うらやましい。
hiroshi
2012/08/23 23:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

コペル。名所よりも面白い“迷路”の路地、この街にも。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる