潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚愕!壁際崖にビーチ2つ。ドブロヴニク城壁巡り〜1

<<   作成日時 : 2012/10/17 21:37   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

 


2012年6月4日。月曜日。


画像

ドブロヴニク旧市街を取り巻く城壁のすぐ海際の断崖のような岩場に、ビーチが二つも。びっくり


画像「セレブリティ・シルエット」は、クロアチア、ドブロヴニクの新港、グルージュ港に着岸。港と旧市街を結ぶシャトルバスの第一便、午前8時半発に飛び乗って、真っ先にドブロヴニク旧市街に到着。3度目にしてようやく叶った、城壁巡りをスタートした。。。

もう一度、時間を追って振り返れば。
こういう状況で、前々回は終わっていました。

ということで。
なんとまぁ〜。
ナマクラにも。1カ月ぶりの、ドブロヴニク、城壁編の続き。です。


ドブロヴニク旧市街の城壁のうち、今回、載せている写真は、黄色のルート部分、@からDまで。

上の地図で〜。まずは@のエリア辺りの写真から。。。

画像

旧市街西端、昔はメインゲートであった「ピレ門」のゲート。ゲートの上の像は、ドブロヴニクの守護聖人聖ヴラホ。
この門のすぐ前に橋が一本。昔は、こちらの橋は木製の跳ね橋で、夜になると引き上げられていた、という。
城壁巡りには、この門を入り、↓の小さな広場。。。こちらは、敵の侵入時に城壁から矢を射かけるなどして防備する中庭。。。に出て、さらにもう一つ内ゲートをくぐって、右手にチケット売り場、左手に登り口がある。


画像

城壁上から眺めたピレ門。

画像

防備庭の中。この壁面に、1991年10月1日から7カ月間、ユーゴスラビア人民軍が続けた砲撃で被災した被害状況を示す地図が張られている。この前はいつも群衆がいっぱいで、地図の写真はなかなか撮れない。前回、2004年初夏と同年秋にこの街を訪ねた折には、世界危機遺産から脱出し、世界遺産として再登録されて6年目であったが、復旧工事は、一部、まだ続いていた。

前回、こちらに「覚え書」したとおり。

普通ならば、わずか1時間ほどで完了のコースを、150分もかけてようやく巡り終えた城壁一周。

その恥ずかしい記録を、今度はさらに恥ずかしく。なんと! 2回にも、分けて載っけちゃおうという、≪恥ずかしい×2乗≫根性ブログ、なり。


画像

ピレ門を潜り抜けて振り返ると、こう見える。画面の右手はフランシスコ会修道院。その奥、隠れた部分に城壁の登り口がある。

画像

ピレ門を潜り抜けると、目の前にオノフリオの大噴水。ナポリのオノフリオ・デッラ・カヴァが15世紀初めに、10キロ以上離れた源水から水を引いて造った。


たかが壁の上を歩き回っただけなのに、なぜ、そんな程度のことを2回にも分けて載せるのか??

。。。なんとなれば.。。。

あの城壁上で、1100枚余りも写真を撮っちゃったから。
撮った写真を、このまま埋もれさせるのは。惜しい。
もったいない。
せめて1割くらいは“消化”しちゃわなければ。
写真が可哀想だ。。。

今回は、そういうさもしい根性の、「覚え書」です。

気温30℃超え、ただただ暑かった日差し以外には、面白いハプニングも話題も、何にもなかった城壁巡りの、今回は、その前篇〜〜〜。です。

画像

↑ メインストリート、プラツァ通り。

画像

↑ 旧聖クララ修道院。現在はレストラン「クラリサ(Klarisa)」やツーリスト・センターなどが入っている。

画像

↑ 旧市街からだと長い階段を登らなければ行けない、聖イグナチオ教会が見える。

画像

↑ 昔は穀物庫であった建物を利用した民俗学博物館。


城壁へは、3つある登り口のうち、一番一般的なピレ門横の登り口からスタートしました。

で。
前回は、いきなり、階段を登って城壁の上に立っちゃった場面を「覚え書」しましたが。。。

今回は、帰路で撮った写真も交えて、「セレブリティ・シルエット」のシャトルバスを降りた、ピレ門前のバス・ターミナルから出発、進行。

ピレ門、って、どれか。
上から2枚目の、スルジ山から見下ろした旧市街を取り巻く城壁を、時計の文字盤に見立てれば、3時の辺り。黄色のコース図の@番付近です。


コンクリート打ちっぱなしの階段を登り切って城壁の上に立ったのは、午前8時58分。以降、ルール通り反時計回りで城壁道をたどり始めました。

続いてAの「ボカール要塞」付近で撮った画像たち。

画像

↑ 来た方向、ピレ門方向を振り返ると。

画像

↑ スルジ山へ登るケーブルカーが見える。

画像

↑ ボカール要塞の外、対岸に見える「ロヴィリェナツ要塞」。海抜37メートルの岩山上に建つ。城壁巡りのチケットでこの要塞も見学に入れるのだが、行かなかった。

画像

↑ 「ロヴィリェナツ要塞」のピレ門寄りに、マリン・スポーツ乗り場が。


画像

↑↓ B番、「聖ピーターの砦」方向へ向かって、最初の上り坂が始まる。

画像



ハナシは戻って。
ピレ門で。
階段を登りきったところで空を見上げたら。羽根のような妙な形の雲が、ふわり、浮かんでいたのが、妙に印象的でした。
最上段、冒頭の写真の通り。

以降、今回、二番目の“沈没”=休憩タイム=先の店着、午前10時7分に撮った写真分まで。
今回、載せているのは、その間のモノ。です。

およそ70分間分〜〜「分間分」〜??。。。(トマト? たけやぶやけた?? 〜〜上から読んでも下から読んでも同じだねぇ??〜〜式の妙な表現の仕方、言い方です。が。。。つまり、暑さにバテて、最初の休憩をとった直後分)まで。

似たような写真でちょっと五月蠅いですが。。。巡り歩き部分の画像の「覚え書」です。


続いてB「ピーター砦」付近で撮った画像たち。


画像


画像

↑ ↓〜最初の“沈没”先、クロアチア・デザイン小物の店、「AR アトリエ(atelier)」グループの3店のうち、観光シーズンのみ開店する、珍しい城壁の上の店「AR バスティオン=要塞(BASTION)」。

画像



続いてC「マルガリータ砦」付近で撮った画像たち。

画像

↑ 聖イグナチオ教会の裏手の、学校にも教会付属の修道院風にも?見える建物。ナニモノ?なのか、わからなかった。

画像


画像


画像



続いてD「ステファン砦」付近で撮った画像たち。


前々回にも書きましたが。。。
普段の行いが悪いためか、過去2回、天候が悪く、城壁の上に立っただけで巡るのを諦めました。

おかげで、今回まで、つゆ知らなかったのですが。。。
城壁の直下、アドリア海に面したごつごつした岩場周りのわずかなスペースに、ドブロヴニクのパブリック・ビーチが2カ所、あるんですね。

ご存じでした? 皆さん??

こちらは、上で書いたように、初めて知りました。

聖イグナチオ教会近くの細い路地を抜けていくと、「サン・ステファンのドア」と呼ばれる小さな出入り口が城壁下にひっそりと口を開けており、それをくぐると、真っ白な岩場が広がっていました。

このビーチ、ブジャ・ビーチ(Buza beach)という名だそうです。
そうそう、旧市街に入る3つの門のうち、最も高所にある、スルジ山へ登るロープウェイ乗り場へ抜ける城壁北の、あの「ブジャ門」と同じつづりでした。

カフェもあるため、城壁を降りたあと、ちょっとビーチをのぞいてみたのですが。。。
あちらで泳ぐには、ちょっと勇気と度胸が必要なようでした。


画像
 


続いてD「ステファン砦」付近で撮った画像たち。


画像


画像


画像


画像



以降、次回へ。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん こんばんは

ドゥブロブニクは本当にきれいなところですね。
山から見下ろした街も、街の中も見て歩きましたが、城壁の上には上がれませんでした。
勉強不足で、上がる場所が分からず、時間切れで持ち越しとなってしまいました。
ですから、こちらで写真が見せていただけるのを、とても楽しみにしていました。
次にこの街に訪れた時には、是非とも城壁の上からの景色を眺めてみたいです。
続編を楽しみにしています!!
ぽんぽこりん
URL
2012/10/18 18:59
ぽんぽこりんさん、こんばんは。

そうですね。おっしゃるとおりです。

>ドゥブロブニクは本当にきれいなところですね。

かてて加えて、細い路地が入り組んでいるところが面白いですよね。路地や横丁が好きなこちらにとって、とても魅力的です。

城壁の上は。。。暑かったです

そして。
これは、歩き終わったから言えるのかもしれませんが、夢見ていた段階の方が良かったのかも?? と、後刻、思いました。眺めだけは面白いですが、恋焦がれるほどのモノでもありませんでした。

とまぁ、結果論ですか? 雨にたたられて歩くことができなかったから、こう思うのかもしれません。
ぽんぽこりんさんがなさったとおり、街中を歩くことこそ正解であるようなのような気がします。

ぽんぽこりんさんのような見事な写真を撮れると楽しいのでしょうが。。。

つたない画像ですが、お時間のおありになる時に、またまたのぞいていただけるだけで、嬉しいです。
hiroshi
2012/10/18 20:25
ほんと、綺麗ですねぇ、溜息が出ます。私も次は光輝く中でドブロブニクの町を見たいですね。
写真を撮りまくりたくなるのも頷けます。それにしても1100枚(@@;)は凄すぎですよ。私もかなり写真を撮る方だと思うのですが、1ヵ所でそれほど撮ったことがあるかどうか?? それでお伺いしたいのですが、それだけ撮れるのは、容量の大きなメモリーカードを使用されてるのでしょうか? コンピューターを持ち歩かれてるのでしょうか? それとも何か秘策が?? 私は船上でカメラを盗まれて以来小型コンピューターを持ち歩いているのですが、それでも写真をガンガン撮ろうと思うと容量に不安が出始めて、どうしようかと思ってるんですよね。画質を落とすのも手なのでしょうが・・・。

話が脱線してしまいましたが、1100枚余りの写真を全部拝見したいと欲張ったことを考えてしまいました。スライドショーで見たら自分が行った気分になれるかもしれませんね。
ブログに載せられる美味しい部分の続きが楽しみです。
かいり
2012/10/21 01:42
おはようございます。
1100枚、沢山存分にみせてくださ〜〜い。
大歓迎です。
素晴しい眺めですね。
三回目にしても、まだ城壁に上がった事が無い人がここに
約一名。
以前、この断崖から海に飛び込むのが良いのだって書いて有るのを見た事が有りますが、無理ですよね〜。
コスタで行った時に海辺の堤防から、地元の方でしょうか、どぼんどぼん飛び込んでは泳いでいました。
ビーチが少ない所は、皆さん工夫されるのですね。

hiroshiさんの御写真、青い海と青い空がくっきり。
美しいです!
私が撮ると、何とも、白っぽく、本当は快晴なのにもやっちゃって。さすがだなあ、hiroshiさん。
続き、何百枚でも、OKです。みせtsくださ〜〜い。
murmur1
2012/10/21 09:51
かいりさん、こんにちは。

1100枚といっても、同じ対象を拡大したり、わずかにアングルを変えたりしながら撮っていますもので。
結果的に似たような画像が結構あるわけでして。。。つまり、ダブって何枚も撮影している按配で、驚いていただくほどのこともないんです。

メモリーカードは、SDHCの8ギガを中心に、16ギガ、4ギガ、SDの2ギガを、一眼とコンデジ2台分。合計で、一旅行でメモリー10枚ほど持っていきます。ただし、こちらは、撮った写真を、大きくてもハガキサイズぐらいでしかプリントしないのと、もう一つ、ブログでしか使わないもので、撮影サイズはフルサイズ(ラージサイズ)などで撮ったことはなく、いつもミドルサイズ、3000画素×2000画素程度でしか撮っていません。だから、8ギガのメモリーで2500枚くらいは撮れます。

PCは、一度、持参したことがあるんですけれどもね〜。接続ポイント探しで苦労したもので、一回こっきりで止めました。

そうそう。
かいりさんの、旅のお写真を、ひょっとすると拝見させていただけるかもしれない、と、今、首を長くしてキョロキョロしているのです。。。どうぞ、その節はよろしくお願いします。
hiroshi
2012/10/21 13:48
murmur1さん、こんにちは。

きょうは、ご実家ではなくご自宅ですか? それとも、またまた、ご実家からスマホ??ですか?
いずれにしろ、いつもご覧いただいて、コメントまで頂戴して誠にありがとうございます。

>1100枚、沢山存分にみせてくださ〜〜い。
>大歓迎です。

おっほっほ。
そうおっしゃっていただくと、まことにうれしい限りですが。。。こちらのウェブリは、一回当たりの写真掲載は、画像サイズを絞り込んでも60〜80枚くらいが限界のようです。
加えていま、数日前から容量の問題で事故続きでして。。。

また1100枚余りといっても、皆さんにお褒めいただけるほどのモノはもとより、お見せできる程度の写真もそれほどないんです。数をうてば当たる、さもしい根性の写真ばかりでして。。。

そうですか?murmur1さんは、まだ、ですか?

>三回目にしても、まだ城壁に上がった事が無い人がここに
>約一名。

そうですよね。今回はご無理であったハズですよね。おみ足。しかし、前回、前々回のうちどちらかでは、お登りになっただろう、と勝手に想像していましたが。。。そうだったんですか。

あちらのビーチもいらっしゃたんですか?
こちら、あんなところにビーチがあるなど、今回までしりませんでした。
hiroshi
2012/10/21 13:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

驚愕!壁際崖にビーチ2つ。ドブロヴニク城壁巡り〜1 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる