潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「007」に登場。コルフ島、“シシィ”の愛した別荘。

<<   作成日時 : 2013/02/05 15:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4





映画「007 ユア・アイズ・オンリー(For Your Eyes Only)」の、カジノの場面で登場したのが、こちら  でした。

画像


画像



パレオカスティリッツアに続いては、こちら、ハプスブルグ帝国最後の美しき佳人、皇妃エリザベートの夏の別荘「アヒリオン」へ行きました。

画像


画像






アヒリオン。

コルフ島=ケルキラ島=、旧市街から南へおよそ10キロ、イオニア海に面した、真っ青な海と豊かな緑の連なりを臨む、ガストゥリの丘上。

東京・日比谷に鹿鳴館が完成し、日本で鹿鳴館スタイルのパーティーが華やかであったころの明治24年、1891年。

当時、ハプスブルグ帝国領であったコルフ島に、皇妃エリザベートが夏の別荘として完成させ、自身のギリシャ神話好き、英雄アキレウス・ファンであったことから名付けた、フィレンツェ風ルネッサンス様式の別荘「アヒリオン」。です。


わたくしメ。映画好き、でして。。。
映画、007シリーズも好みのジャンルであり、大ファンでした。

「でした」と。過去形で書いているとおり。昔の話です。
そして。第一作を除いて。。。

そうなんです。「ドクター・ノオ」は、見逃しました。
2作目、「ロシアより愛をこめて」以降。。。うっふっふ。、そういえば。クルーズで、船のスタッフからそう書き込んだメッセージをもらったこともありました。。。


画像。。。「ロシアより愛をこめて」以降、ジェームス・ボンドの華麗なアクションやボンド・ガールの魅力もさることながら、画面に登場する世界の名所にこころ奪われて。

「007」シリーズで、世界の街並を知って惹かれていったですね。「ユア・アイズ・オンリー」でも、こちら、アヒリオンをはじめ、メテオラ=右写真→=やコルチナ・ダンベッツォ付近の山容=右下\、コルチナ・ダンベッツォの隣村、ピエーヴェ・ディ・カドーレ=、バハマなどの素晴らしさに魅せられました。

画像で。仕事が多忙であっても何とか時間をひねり出して、シリーズ作は見続けていたのですが。。。

第12作「007 ユア・アイズ・オンリー(For Your Eyes Only)」(1981年公開)を最後に、無理してでも劇場へ通い詰める、ということはなくなりました。なぜならば。40代に入って、仕事が多忙になってきて、文芸作や話題作ならばともかく、娯楽映画をドキ、ワクしながら、思いっきり楽しむゆとりがなくなってきたのです。

で。「ユア・アイズ・オンリー」は、わが私生活と絡んで、ちょっとした思い出の映画でして。。。


画像



画像一方。

わが連れ合いは。
若いころから「“モンゴメリ”の赤毛のアン」と「“シシィ”こと皇妃エリザベート」と「“大草原の小さな家”のローラ・エリザベス・インガルス=ローラ・インガルス・ワイルダー」が大好きでして。

彼女の書架は、趣味の編み物やビーズアクセサリー、北米大陸のネイテイブの人々関連本などを除くと、この3人の作家や皇妃関連書籍で埋まっています。

画像影響を受けて。
こちらも、いつしかハプスブルグ家に関心を持ち始めて。

洗脳されちゃったですね。
「シシィ博物館」はもとより、オペラ座前から電車に乗って、シシィゆかりの場所、ヘルメス・ヴィラへ行ったり。ウィーン市立交通博物館へ、放浪するシシィのお召し列車を観にいったり。

アヒリオンも、2004年秋に一度訪ねているから、「今回は、行かなくてもいいではないか」と言ったのですが。。。押し切れらました。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
トリエステ郊外のミラマーレ城。オーストリア皇太子マクシミリアンの居城にも、エリザベート妃は船旅の機会などに立ち寄っていたそうだ。

画像
アヒリオン入り口では、シシィの立像が出迎えてくれる。

画像
庭には、別荘の名前の元であるアキレウス像が。

画像

画像

画像

画像
はるか遠く。旧市街の港に停泊する「セレブリティ・シルエット」が見えた。


最後に。

不思議ですが。。。
前回も、どうして??と思ったこと。
こちら、アヒリオンの前に、テント張りの土産物店が何店か並んでいます。その中に。帽子屋さんが一軒。

いえ、帽子屋があるこは不思議でもなんでもないのですが。。。

麦藁帽とかキャップなどの夏用、日よけ用の帽子ばかりではなく、ソフトやカウボーイハット、さらには寒さ避けの耳を覆う飛行帽とか厚手のチロリアンハットとか、まで並んでいるのですね〜。

こちら、避暑地です。暑さ避けの季節以外は、訪れる人などいないハズですし、第一、こちらは冬でも、気温は10℃を切らないと聞いているのですが。。。

お土産に、買う人がいるのですかね〜。コルフ島で厳冬期の寒冷地帯用の帽子を??

画像 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん  オバンデス!!

本当に色々お詳しいです。 007は見てないから〜
ふーん此処で「007 ユア・アイズ・オンリー(For Your Eyes Only)」の〜
同じテラスの場面ステキです。

「アヒリオン」の様子は嬉しいです。
親しみの気持ちでいっぱいです!!

奥様の好みのものは 私も大好きです。

 

オババの私ですが、ロマンチックな物語は大好きです。
帝劇のミユージカル「エリザベート」は姪の買ったの都合で行けなくて見に行けたんです。

だから今度の旅で「エリザベート」ゆかりの場所に行けて良かったです。

大昔は乙女でしたから〜〜アハハハ~~~
たえこ
2013/02/05 20:37
こんばんは、hiroshiさん。

007、私も好きですよ〜。
誰が演ずる007が好きか?皆さん思い思いに有りますね。

そう言えば、今回畿内でダニエル・クレイグのカジノロワイヤルを見ました。
ピアース・ブロスナンの007も良かったけれど、ダニエル・クレイブも硬質な007で良かったです。

ははは。
本当だ〜〜。
防寒用の帽子迄。
避暑地ののに不思議ですね。
murmur1
2013/02/05 22:12
たえこさん、こんばんは。

そうですか?
「007」はあまりご覧にならないですか?

あのシリーズ作品、結構、世界の観光地が出てきましてね。今、ブログで素敵な写真を見せていただいているイスタンブールも、「ロシアより愛をこめて」や「スカイフォール」で出てきています。おぼろげに知っている街を、映画で「こうなっているのか?!」と知ることが多いのが楽しいです。

>「アヒリオン」の様子は嬉しいです。
>親しみの気持ちでいっぱいです!!

やっぱり女性好みの場所なんですかね〜。そうですか・ たえこさんもお好きですか〜。
 
>大昔は乙女でしたから〜〜アハハハ~~~

そうですよね〜。いやいや、まだまだ、お撮りになるお写真を拝見すると、お若い、お若い。
hiroshi
2013/02/05 23:35
murmur1さん、こんばんは。

お〜〜

「007」、murmur1さんもお好きですか! うれしいですね〜〜。

>誰が演ずる007が好きか?皆さん思い思いに有りますね。

そうですよね〜。
自分は、ショーン・コネリーとロジャー・ムーアと。。。「女王陛下の007」は誰であったですかね〜。忘れちゃいましたが。。。くらいの作品以降、あまり見なくなったもので、ダブルオーセブンと聞くと、どちらか二人を連想しちゃいます。

「カジノロワイヤル」ですか?
これは、リタイア以降の作品ですよね。確か、ふる里で、映画館に見に行った記憶あり、です。

シリーズでは、上位に入る面白さはありましたよね〜。

>避暑地ののに不思議ですね

ねぇ〜〜。
売れるのでしょうね〜〜。並んでいるのを見ると。きっと。

成田山、今年は節分会でのご参拝でらっしゃったんですね。ご多忙になってらっしゃるんですね。第一線でご活躍、重責をお担いになるお立場ですから。。。
今年もいい年になれれますように。不慮の事故にもお気をおつけになられますように。
hiroshi
2013/02/05 23:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

映画「007」に登場。コルフ島、“シシィ”の愛した別荘。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる