潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏のアマルフィ。浜辺はもう、水着の季節だった。

<<   作成日時 : 2013/05/25 20:36   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3



「♪アカシヤの 花の下で あの娘が窃っと 瞼を拭いた 赤いハンカチよ♪」。
石原裕次郎さんの「赤いハンカチ」で歌われ、西田佐知子さんの「アカシアの雨がやむとき」でも歌われた、ニセアカシアの真っ白な花房が、花盛りでした。


画像



画像石原裕次郎さん。
我ら、年代層の青春時代の憧れの人であって、この人の影響を受けて、ハワイに憧れ、ヨットにのめり込み。。。などなど。
だから。
亡くなってもう何年も経つのに。未だに、この人のことを呼び捨てに出来ず、「さん」とか「氏」とかの敬称を付けないと、気持ち、畏れ多い。。。

画像ニセアカシアの花を見た場所は、以前、こちらに書き留めた、わが家近くの運河&公園。

毎週末になると、この公園では何かしら催しが開かれており、本日午後、多忙につき、しばらく中断していたウォーキングでこちらを訪ねたら、フリーマーケットが開催され、若い家族連れでにぎわっていました。


画像ニセアカシアの花。
マメ科特性の葉先の下から垂れ下がる花房は、見た目、シャワー・ツリーにうり二つです。
ご存じのとおり、ワイキキにはシャワー・ツリーの街路樹が多く、ゴールデン・シャワーツリーやレインボー・シャワーツリーでカラフルに彩られています。

で。
今ごろの季節、日本でこの花を見ると、我らが裕ちゃんのイメージともダブって、ついつい、ハワイを連想してしまいます。

画像← この、満開のニセアカシアの花が咲き乱れている一角に近い、水辺の公園の野外ステージで。
「ハワイアン・フェスティバル2013」と題された、ハワイアンとフラを楽しむ、わが住まいの地域の人々のイベントが先週末、5月18日に、開かれました。


画像



画像舞台のオープンは午前9時50分、終演は午後6時40分、延々9時間にもわたる超長場のステージで、総勢650人もの皆さんが舞台を踏んだそうです。
ひと組15人平均でステージに立ったとして、なんと、50組も、が、舞台でステップを。。。

ハワイからはるかに離れた日本の一地方、片田舎で、フラとハワイアンに入れ込む方々が、かくも数多くいらっしゃるとは。。。

驚天動地、とまではいいませんが。。。ちょっとした、驚きです。

画像成田に行くにしろ羽田、関空発に乗るにしろ。
日本を離れる前にちょっとした? “結構”な「余分な旅」をしなければ、ハワイに向かう機上の人とはなれない、辺境、とまでは言わないものの、不便なこの地方にお住まいの皆さん、なのに。

ハワイを身近に感じるのみならず、パウやムームー、ホロクなどをこれほど愛し、ウクレレやスチールギターを愛で、艶やかな音色に魅せられた方々が、こんなにもこの地方に住んでいらっしゃるとは。。。

画像この地方の人口を対比して単純計算すれば、この日舞台に立ったのは、ほぼ400世帯に1人、の計算。
舞台に立つのが、教わっている方の5人に1人くらいの割合で想定して、なお推測すると。
ご近所80軒に1人がフラを習っている???

「えぇ〜、うそぉ〜〜 
とも、言いたくなってくるのです。

画像町民文化を花開かせた江戸とはまた違った趣の、謡い、能、俳諧、茶の湯、陶器漆器銅器、彫金象嵌など、武家文化を基本に一つの日本文化の拠点となって、それをなお、現代まで引きずっている、かつては「百万石」と言われた外様の藩領に属していた一田舎、であるから。。。
これがフラやハワイアンではなく、謡曲教室の発表会とか日本舞踊のおさらい会とかならば、納得、なのです。

が。。。
まさか、フラ、とは。
フラでも、こんなにも愛好者がいらっしゃるとは。。。


画像



画像以前、こちらに書いたことがありますけれども。。。
わが家の連れ合いも、フラを楽しむ皆さんのお仲間に入れていただいて出演するもので、彼女のステージの前後、ほんの2時間あまり、だけですが、観に行ってきました。

皆さん、お上手だったですが、幼稚園児ほどの女の子たちのフラが、格別、喝采を浴びていました。





この日の、舞台のひとコマで。

毎年ヒロで開かれる『メリーモナーク・フェスティバル』のうちの2010年開催分で優勝し、「ミス・アロハ・フラ」に選ばれた  ホノルルのハラウ Halau Hula ‘O Kamuela のマヘアラニ・ミカ・ヒラオ・ソレム( Mahealani Mika Hirao-Solem )さんが、カヒコとアウアナを含めて3曲の踊りを披露されました。

カヒコ、アウアナともYou Tubeにアップされているので、うち、アウアナをお借りしました。曲目は「Ha'aheo Kaimana Hila」。

お借りしたついで、と言っては何ですが。。。

もう一本、お借りしました。
最近は、連れ合いはフラ教室で彼の曲ばかりで踊っているようなので、家でもよく聞かされるのですけれども。。。
聴いているうちに、いつしか自分も彼の曲がとても好きになりまして。最近は、彼の曲ばかり聴いています。
ケアリー・レイシェルです。









画像



さて。

クルーズ旅、本題に戻ります。

2012年6月11日、月曜日。「セレブリティ・シルエット」でナポリに寄港、アマルフィにやってきた。。。というところからの続きです。

画像船内新聞によると、この日の日の出は午前5時41分、日没は午後8時35分。天気は快晴、最高気温は26℃、最低気温は19度。

が、しかし。

バスがアマルフィに入る直前で、運転席上部に置かれた時刻兼温度計を見上げると、外部気温は既に、28℃をデジタル表示。

当然、リゾート・シーズンは本番入り。
ヨーロッパではもう夏休みは始まっていて、後刻、出会って、聞いて知ったのですが。。。ドイツからやってきたという学生たちが多数、アマルフィ入りしていました。
多分、ほかの国々からの学生や若者たちも。。。


画像アマルフィ旧市街の4つのビーチのうち、メインのマリーナ・グランデ・ビーチにはパラソルが林立し、小石の浜辺では、水着の若者たちであふれ、2010年4月8日、「MSCリリカ」でサレルノに寄港、観光船でアマルフィに直行した時は過ごし易かった石畳の街は、もう、暑く燃えていました。

画像とはいえ。
魅惑的な街は、季節や天気の違いだけでまた違った魅力的な表情を見せてくれるから、面白かったです。

アマルフィについては、前回、これを手始めに5回も載せているもので、今回は、写真も文もなるべく簡単に。
パス、パスで、今回1回限りで終えるつもりでいたのです。

画像しかし。
わが人生、今や、なまくらリタイア暮らし、仕事をしているワケでもないのに、ただいま、ちょっと多忙でして。。。

今回のクルーズ旅でも行きましたもので。
アマルフィの、これまでに載せてきていない、有名なドゥオモ、天国の回廊のハナシだけを、今回のアマルフィ行きの「覚え書」として載せようと思っていたのですが。。。

次回に延期しました。


画像


画像


 
最後に。

ブログを始めるにあたって、自分にとって一番関心のある、政治的なハナシや経済問題、国際問題などの時事談義は、こちらには絶対に書かない、と誓ってこれをはじめたにも関わらず。

。。。一つだけ。

最近は、PCの前に座っている時間さえ極端に少なくなっているのですが。。。

友人からの電話で、用件の後の雑談で教えられて、さっそくPCを起ち上げました。

「広島、長崎への原爆投下は神の懲罰」。

画像一昨日あたりから日本のマスコミも報じ始めましたが。。。
「神の懲罰」と書くだけにとどまらず、日本人への復讐で「再び神は(日本人に)懲罰を与えるのも自由」などとさえ筆を進める某国のマスコミ、の記事、日本語版を、掲載されたばかりの夜、さる5月20日に読んで。

怒りで震える指先を静止させるべく抑え込むのに、かなり苦労しました。

これまで、このブログ何度か、旅先で出会った、歴史上の人類の愚行を、わが日本人の父祖の世代のそれを含めて、神の前での懺悔の気持ちで、書いてきましたが。。。

。。。怒りを和らげるのに。
わがデスクの上に置いて我が身の愚行を戒めている「メブラーナの教え」を、最近は多忙な雑事のさ中にも、呪文のごとく、心の中で唱えている日々であります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、hiroshiさん。
もう、どきどきどきどき、見つめています。
やっぱり、何度見せて頂いても良いですね、アマルフィのお写真。
折角、お正月にローマに行ってから、ミキアーモクロダごっこに熱も落ち着いたばかりなのに、こんなにアマルフィのお写真を見せられると、とても、そわそわ、そわそわ、どうしてもこの目で見て見ないと、と、思ってしまいます。

下から五番目のお写真の左の方に、映画でも映ったキリスト誕生の一連の像が有るのでしょうか。

行ってみたいです、でも陸旅ですとなかなか、手段が難しいです。時間が掛かって。

沢山、回数を使ってもっとアマルフィを見せて下さい!
三回では少ないです。

そして、もう、ハワイのお話と二本立てなんて、豪華すぎます。
奥様のフラ、優雅な踊りでらっしゃルンだろうなあ。
フラって、かなり足腰の筋肉が出来ていないと踊れませんよね。あんなに優雅な踊りなのに、実は中腰で腹筋や、足の筋肉を全体に使ってパウの中は大変だ。。

ハワイアンは良いですね〜〜。私は、HAPAが好きです。
こちらは梅雨の入りました。
そちらもですか?
お忙しい中、お風邪など引かれません様に!
アマルフィの続きを楽しみにしております。
murmur1
2013/05/30 20:41
murmur1さん、こんばんは。

話題の映画、観てらっしゃったんですね。
「硬質な」とお書きになっていた、あの映画。ご感想をうかがって、そうか、ではでは、ぜひに、と思っているのですが、いかんせん、ここ最近、ちょっと時間がなく、まだ観ていません。残念。

>五番目のお写真の左の方に、映画でも映ったキリスト誕生の一連の像が

ちょっと恥ずかしいのですが。。。そうですか? あの映画で、そういう場面があったですか? う〜〜ん。
いったい、あの映画のどこをみていたのでしょうね。
思い出せません。

しかし、もう一方で、ひょっとすれば、あれかな? と連想するものはあるんですが。。。
像、って、例の、ナポリやアマルフィ海岸のあちらこちらで見られ、クリスマスに脚光を浴びる「プレセピア」のことですか?

だとすれば、おっしゃる通りです。アマルフィには、ちょっと知られたプレセピアの設置場所は二つあるようでして、うち一つは手漉きアマルフィ紙美術館の近くで、以前写真に載せたことがありますが、もう一つの方は、おっしゃる通りの場所にあります。ラヴェッロとポジターノにも、ちょっと有名なプレセピアの置かれた洞窟があるようですね。もちろん、他の街にも結構あるようですが。

ハワイ、行ってみたいです。murmur1さんのあの青い海の素晴らしい画像を拝見していて、たまらなく行ってみたくなりました。相棒のフラをみていてもあまり、そういう思いにはならないんですけれどもね。

そうですね。梅雨入りしたそうですね、そちらは。
先生も、どうぞ、お気をお付けになりますように。足元にも充分にご注意を。滑り易くなりますから。雨で。
hiroshi
2013/05/31 00:25
〜上から続く〜

>ハワイアンは良いですね〜〜。私は、HAPAが好きです。

そうでらっしゃいますね。
一度、お書きになっていましたね。
わたくしメがこのブログを始めてまだ間がないころで、「なるほど、なるほど」と納得した思い出が深く。。。

良いですね。HAPAも。
hiroshi
2013/05/31 00:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

初夏のアマルフィ。浜辺はもう、水着の季節だった。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる