潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリアの高速幹線、“太陽の道路”を北上。4月20日。

<<   作成日時 : 2013/08/02 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2




夏休みに突入しました。


画像



まずは、ボヤキの独り言。

。。。ただいま、わが家は、夏の田舎の民宿、状態。

画像で。

こちらは「宿屋の小間使い」兼「運転手」兼「金づるorパトロン」、と、何役もこなしてがんばっております。
連れ合い、相棒も、「おさんどん」兼「まかない婦」兼「掃除婦」。。。

身内、親族が次々にやってきて、多忙な日々が。。。

「来ないで」
とか、「来るな」
とか。
こう言えば、この忙しさから解放されるのは間違いないのです。

画像が。
向こうはだれも、年老いた老夫婦へ孫の顔を見せてやる、あるいは、こちらが死ぬ前に親戚一同の温もりのおすそわけなどして喜ばせてやろうと、夏休みの遊び心とは別に、半分、我々夫婦への善意、思いやりでやってくる。
同時に、こちらも、半分、孫たちの顔を見たい気持ちもある。

で。
「○日から行くよ」と電話があると。
「お おいで、おいで。待ってるよ」。

ということで。
もしも、これを今もなお、読んでいる身内がいたら。本心は↑ 「待ってるよ〜」ですよ。

画像始まった夏休み。
忙しく、海に、山に。。。右写真は、豆粒のような電車、トロッコ電車を乗り継いだ秘境、黒部峡谷・猿飛峡近く。
右上写真はその下流の温泉地近くで撮ったひまわり。そして、花火大会。。。

おかげで、旅の記録を残すどころか、PCの前にさえ、ほとんど座れない状態が連日。
夏休み終盤まで、こんな悲惨な日々が続きそうです。

画像変な天気が続いています。
昨年までは、一年に一度あるか、ないか、くらいであったRain attenuation、降雨減衰が、頻発。ゲリラ豪雨に“襲撃”されて画面がまっくろになること、今夏は既に十数回。

と思えば、その数時間後には、空の色は一転、からりと晴れ上がって、真っ青な空に入道雲。うだるような暑さにさいなまされる。。。

ちょっと異常、ではないですか?
おかげで、海も山も、ことのほか、静かな雰囲気で、かえっていいですね。
いえ、↑やけっぱちで言っている。
普通に迎える「夏」の方が、よほど好みでありますが。。。

早く秋になってくれないかなぁ〜〜



画像ハナシは変わります。

次は、ここ2週間ほどの間の、感慨深かったニュース、話題のハナシ。
それは、何か?

このニュースに載っているハナシを、日本の某新聞でも読みました。

米国、オバマ米大統領は先月下旬、次期駐日大使にキャロライン・ケネディさん(55)を指名しましたね〜。

連邦議会上院での承認手続きが終わった後、9月にも着任される見込みのようです。
実現すれば、米国初の女性駐日大使。

画像彼女の着任は、日本にとって、対米関係で政治的にどうなのか、などと、しゃちほこばったハナシをここでするつもりは毛頭、ありません。ブログは、たかが旅の記録、お遊びの「覚え書」です。

ただ。
ちょっと昔の、わが思い出話を。。。

我々世代。
戦前生まれ最後の世代、または戦中世代、またははしりの戦後派世代は、十人おれば多分十人とも、故ジョン・F・ケネディ第35代アメリカ合衆国大統領に強い憧憬の心を持ち、この大統領の背後に、明日の地球世界、すべての人類が一つになる夢、または理想を思い描いた、そんな世代である、と思います。

画像以前、一度書きましたが。。。

1963年11月22日。日本時間で、昭和38年11月23日早朝。
通信衛星が日本に近づき、実験衛星放送のリレー衛星中継で大統領のメッセージが日本に届けられる予定であったちょうどその時間帯。

飛び込んできたニュースが、大統領の暗殺事件でした。

大学4年生であったこちらは、そんな大事な放送の時間帯を、おんな、にうつつを抜かして。
夜行列車で京都へ向かっている途中でした。京都に着いて、落ち合う約束の場所、東寺で、そのおんな。。。現在の連れ合い、相棒ですが。。。から、この世紀の大事件を告げられて、一瞬、目の前が真っ暗になって倒れそうにさえ、なりました。

画像その事件から4カ月後。
大学の卒業式に合わせるように発売されたのが、↑ソノシート10枚組の、故大統領の演説集、正、続の2冊でした。

発売元は朝日新聞社と、廃業した朝日ソノラマ社が、昭和39年4月に発売しています。以下、モノクロの印刷画像は、この雑誌からお借りしました。

この2冊。
音声は、戦後まもなく、毎日早朝、日の出のころに短時間、アメリカ本土から合衆国情報庁(U.S. Information Agency)が短波放送で発信し、日本語放送としては40年ほど前に廃止されたVOA(Voice of America=ボイス・オブ・アメリカ)の録音音声がメインでした。

画像戦後間もなく。

日本はまだ極貧状態の国であった昭和20年代〜30年代。当時の中学生から高校生、大学生たちにとっては、本場の英会話を学ぶ場はこのVOAと、後にAFN(American Forces Network)と名称を変えた、世界の米軍基地関係者とその家族に向けた放送局、FEN (Far East Network=ファー・イースト・ネットワーク、 極東放送網)しかなく、こちらも、眠い目をこすりこすり起き出して、VOAに耳を傾けたものでした。

画像しかし、遠いアメリカ大陸から海を渡ってやってくる放送です。こちらの受信機の質が悪かったこともあってか、天候の影響でクリアに聞こえ続けることは少なく、受検勉強に疲れ始めたころからは次第に遠ざかって行きましたが。。。

そういう中で、一応、学生生活を送れるようになって、社会人としての進路先も定まったころ。1963年、東京オリンピックの前年の秋。ケネディ大統領暗殺事件。。。

画像あれから、間もなく50年。
今年11月で、あの事件から丸、半世紀。

故大統領のご長女、キャロラインさんが大使として赴任されることに、感慨を覚えます。

大統領が凶弾に倒れた時、キャロラインさんは5歳。
ニュースで流れる故大統領の葬儀での、あの、涙を誘う、あどけない姿に深い悲しみを覚えたものでした。

もう、5年ほど経ちますか?

こちらが新米社会人となって間もなくのころ、ニール・ダイアモンドが歌い、その後、今は亡きエルビス・プレスリーが、そしてわれらが九ちゃん、坂本九がカバーし、さらには、ケネディ一族の本拠地、ボストンのレッド・ソックスの球場、フェンウェイ・パークで7回裏〜8回表の間に歌われてきた「スイート・キャロライン(Sweet Caroline)」は、「キャロライン・ケネディに捧げた歌であった」と、ニール・ダイヤモンドが告白したのは。。。





正式に決まれば、日本のほとんどの皆さんと同じく。特に、「ケネディ大統領、凶弾に倒れる」の、日本の大新聞の2段、3段ぶち抜き大見出しに驚愕した経験を持つ団塊の世代以上の方々と共感して。。。

キャロライン・ケネディさん。正式に決まれば、大歓迎したい、です。






画像


画像



↑写真上は、トスカーナ州、オルチャ渓谷、ピエンツアの街から眺め下ろした、春のオルチャ渓谷の光景です。その下はオルチャ渓谷の糸杉のある、代表的な風景。

というワケで。
ようやく本題、旅の記録。

今春の旅行の「覚え書」です。

といっても、今回は、ホンのわずかの写真だけで。↑余談が長過ぎたもので、中途で終わり。です。

しかも、載せている写真は全部、「借り物」です。

珍しく写真撮影に意欲を燃やして。
正面に、さらに右に、左に、と。
次々に現れる山上の街の写真を撮りたくて後部座席で奮闘した連れ合い、相棒の写真です。やっぱり、へたくそ、ですね。亭主同様。

この日は、オルチャの谷を見下ろす丘の上の小さな街、ピエンツア(Pienza)が目的地。

法王ピウス2世と建築家・ベルナルド・ロッセリーノが、ルネッサンス様式の美しい街への理想を描いて15世紀に造った、東西南北400メートル四方ほどの、現在ただいま時点では、世界遺産の街。

画像この街を目指して。

ローマを取り巻く環状道路、Il Raccordo=GRA、Grande Raccordo Anulareの西側に位置する31番ジャンクションから、イタリアの幹線道路、「太陽の高速道路」との異名をも持つ、アウトストラーダA1へ。

そして、その高速道をおよそ1時間半後、およそ150キロを走って、オルヴィエート近くのファブロのインターチェンジで休憩のため、一時、高速を降りましたが。。。

画像2013年4月20日。
ホテル出発は、写真の記録では午前9時08分。晴れ時々くもり。

ちなみに。

「太陽の道路」とほぼ平行して走る、フィレンツェ、ローマ間を列車にお乗りになった方々は窓からご覧になってご存じでしょうが、この高速道沿線区間にも、イタリアらしい魅惑的な山上の街がいくつもあります。

以下、次回に。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、hiroshiさん。
ヒマワリのお写真、良いですね〜〜。
私の大好きな花です。
近年、立派な背の高いヒマワリが少なくなりました。
hiroshiさんのお家のヒマワリ、お庭の塀より高い〜〜。
立派なヒマワリです。ぱち、ぱち、ぱち。

hiroshiさん!!
一眼レフで、こんなに美しい花火。
さすがです〜〜。
くっきり、鮮やか。
素晴しいです。
綺麗なお写真です。
私には一生撮れませんです。
ミラーレスでも、ローマの花火、沈没でしたから。
すごく色鮮やかな花火の色。
見た事のない、カラフルな花火ですね。

ケネディ一族のあの、キャロラインさんですものね。
ケネディ家の物語は、両親から良く聞きました。
キャロラインさんの事も。

アーリントン墓地のケネディとジャクリーン夫人のお墓と消えない灯火を見た時には、なんて大きな、偉大な国なんだろうと思いました。

弟さんのJFKジュニアの事故もショッキングでしたし、お姉様のキャロラインさんが、活躍されるのは嬉しいです。

以前、JFKにまつわるhiroshiさんのエピソードを伺っていたので、キャロラインさんの赴任、きっと喜ばれてらっしゃるだろうなと思っていました!
murmur1
2013/08/06 23:15
murmur1さん、プチ、ご無沙汰です。
そして、返信が遅れまして申し訳ありません。

いま、ひと組が帰って行ったところです。わが家への来客のハナシです。まだ一組残っていて、明日は新たな一組が、明後日にはさらn一組がやってきます。

というわけで、久々、自分の部屋に戻ってPCの前に座っています。

ヒマワリ、一眼ではないんですよ。コンデジです。コンデジの、花火モードで、カメラにおまかせで撮っちゃった写真です。

ミラーレス、欲しいんです。
かって、お話しましたっけ? いろいろ迷って、まだ買っていません。あれからまた、新しい機種も登場したでしょ?

でも、やっぱり、キャノンが欲しいですね。

キャロラインさん、
昔は、日本に大使としていらっしゃることなど、夢想さえしませんでした。どういうご活躍をなさるか、気になりますね。

お元気ですか?
暑い日々が続いております。
お元気でブログをお続けになっていることと思います。まとめて、お写真を拝見したいです。良いお話を、携帯では拝見していますが、写真は小さくて。。。

楽しみです。
hiroshi
2013/08/07 10:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

イタリアの高速幹線、“太陽の道路”を北上。4月20日。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる