潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 海抜約600mの丘、頂上の小さな村。モンタルチーノ。

<<   作成日時 : 2013/10/03 22:31   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0



モンタルチーノ(Montalcino)。
オルチャ渓谷の、西北の一角にある村です。


画像


旧市街、まちはずれの城郭に登って眺め下ろすと。
丘を取り巻く谷筋の、オンブローネ川、アッソ川、オルチャ川が、光の当たり具合の違いで、こちらでは青く、別の場所では白くと輝いて見え、その間に葡萄畑や栗、オリーブ、果樹などの林が緑豊かに広がって。春の景色は、それはそれは、浦島太郎の物語ではありませんが、「絵にも描けないほど」。。。

村は、尾根筋一つのほぼ頂点付近が軸。
こちらを中心に旧市街は広がり、海抜は、街並の低い方、下部にあたる周辺部でおよそ560メートル。14世紀に建った市庁舎をはじめ、街の中心であるポポロ広場などの最頂部は、それよりも100メートルほど高い。そうです。

だから、街の周辺部、つまり丘裾あたりから村中心部の高所へ向かおうとすると。
。。。これは、ひょっとすると、世界遺産となった富士のお山の登山道ではないのか? と見まがうほどの斜度のきつい急坂が目の前に広がります。

いえ。冗談とか比喩ではなく。

身体がなまった老人には、まさに、そういう感じ。中心部のメインストリートまで、水兵距離でおよそ50メートルほど、垂直高度でおよそ30メートルほどを短時間で登りきると、はあはあ、ぜえぜえ、と息もたえだえになるほど。


画像


画像


旧市街の面積は、東北から南西にかけての長辺でおよそ600メートル。対して、距離の短い西北〜南東部分は広いところおよそ400メートル、狭い部分でその半分。

人口は、村全体で5,400人ほど、とインフォメーションで聞きましたが、それは、周辺部の村の残る6つの集落を加えての数字。旧市街だけならば、2,000人を少し超える程度だそうです。

そのくらい、小さな街。でした。


画像



以下、イタリアではこの村に限ったことではありませんが。。。

こちらでも、大型ショッピングセンターとかシネコンとか、さらにはマックなどのファーストフードチェーンとかは皆無。20世紀終盤から始まったイタリアの小さな村の、スローフード運動の影響です。個人商店以外は、街で受け入れない。

加えて、インフラ整備は、まっさらの土地の街造りに比べれば結構重いし、車は街周辺の駐車場に入れて自宅へはトコトコ歩かねばいけないとか、毎日の買い物でも重い荷物を抱えて自宅まで歩き回らなければいけないとか。年配者はもとより、若者から働き盛りの年代層の住民にもきつい日常のハズです。

だから、「♪ディスコも無ェ、のぞきも無ェ…♪」と。過疎という名を伴って、どんどん廃村が進む日本ですが。。。

文化の質の違い、厚さの違いでしょうか。
イタリアでは、アグリツーリズモやスローシティー運動などの影響もあって、若い人たちもどんどんIターン、Uターンして、この手の、丘の上の不便?な歴史ある古い村や街の旧市街に、入り続けているそうです。

日本人の自分ならば。
「観光するだげならばええけれども。住むのならば、俺ら、こんな村いやだぁ」。と思う。のですが。。。


画像


画像


画像


画像


あたりまえだけれども。観光だけだから。え、がったぁ〜〜。



 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

海抜約600mの丘、頂上の小さな村。モンタルチーノ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる