潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS サン・ジミニャーノ。「巡礼の道」貫く、塔の街。

<<   作成日時 : 2013/12/20 20:50   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0



画像日本時間で今朝未明、ピカデリー・サーカスから歩いて3分ほどの、ミュージカルで知られるあの劇場の天井が崩壊した、というニュースが流れていました。

家族そろってひと足早くクリスマスの夜を楽しんでいた家族連れを中心に、80人以上の観客が重軽傷を負ったようです。災難でしたね。死者の出なかったのが、何より。不幸中のさいわい、でしたが。。。

画像そのピカデリーサーカスから。

歩いて20分ほどのオックスフォード通りに。

“お金持ち”日本人に人気のハロッズ、とか、フォトナム&メイスンとかの名だたる名店に比べて。
日本人にはあまり知られていない、家庭用品を主力としたちょっと地味目のデパート・チェーンの本店があります。

そのデパート系列が毎年夏、冬に製作する恒例の動画は、心温まる優しさが根底に流れていて、なんとも素敵で、わが家や娘一家など、縁者にファンが多いのです。

うち、その冬季分、今シーズン分を、You Tubeからお借りしました。
イブを目前にして、カウント数は既に1000万を超えています。
このデパートの作る動画が、いかに、この国の人たちに愛されているか、よくわかります。

画像かわいいですね。この動画。
わが家の連れ合いは、公開されて以来、毎日、一日に最低一回は眺めて楽しんでおります。

いえ。
わたくしメは、昨シーズンの方が、より好きです。
男の愛とか、想いとか、たしなみとか、は、こういうモノではないのだろうか? 
動画にそう共鳴しながら、昨シーズンはこれを眺めるたびに涙が滲んできて。。。

あれは、ホントに良かった。。。

もうすぐですね。あの日。
わたくしメは、目覚まし時計に頼らずとも、その夜はスケジュールが一つあり、ほぼ、未明まで眠らずに楽しむつもりです。うっふっふ。




      
    
   
  
 



以下、長々と続けている、今年春の旅の「覚え書」です。


画像

サン・ジミニャーノ城壁内、旧市街の中心、ドゥオーモ広場前。
黒い石組の道は、中世から続くカトリック三大巡礼路のうちの『フランチージェナ街道』。

街中では、この通りの名前はサン・マッテオ通りといい、写真の撮影場所から画像の向こう、北側へ緩い坂道を下ったおよそ300メートルほど先でサン・マッテオ門にぶつかる。

巡礼者は、そのサン・マッテオ門から入って、この広場の左手にあるドゥオーモで祈りの時を捧げ、この街で一夜の宿をとった後、再びこの街道へ戻って。

今度は写真の手前へ進み、300メートルほど南側にあるサン・ジョバンニ門から城壁を出て、およそ20キロ足らず先の城壁の街、コッレ・ディ・ヴァル・デルサを目指して進む。


画像


画像





2013年4月22日、月曜日。サン・ジミニャーノのハナシ。
サン・ジミニャーノは、ピサやルッカ、シェナなどと同様、トスカーナでは日本人に人気のある街。
で。
覇を競い、勢力を誇って空高く空高く塔を突き伸ばしていった中世のイタリア、都市国家群の中で。
フィレンツェなど多くの都市ではルネッサンス期以降、その塔を規制して低く崩していったにもかかわらず。
現代でもなお、その塔を14本も残す“塔の街”として、サン・ジミニャーノは知られていますよね。
で。
そんな街の光景や歴史、観光名所などはご存じの方は数多いし、前回に書いた「ふしぎ発見。。。」のジェラテリア以外は、楽しいハプニングや面白話はあまりなかったため。

今回は。
で。
写真を載せて、ほぼ終わりです。


画像

チステルナ広場。Cisternaとは、井戸とか水槽とかの意。広場には巨大な井戸があるため、こう呼ばれるようになったという。

画像



ただ、一つだけ。
一度、書き残していますが、カトリックの人々の巡礼の道、『フランチージェナ街道』が、旧市街のメインストリートと重なって街中を抜けている光景を楽しめる、街道沿いの古い街の、代表的なポイントであることは、あまり知られていないのではないでしょうか。

そういう画像を含めて。

サン・ジミニャーノ旧市街で撮ったスナップを載せました。
塔の街は、縦写真がめっきり増えるのです。


画像

↑再び『フランチージェナ街道』=サン・マッテオ通り。北側、サン・マッテオ門を望む。↓同じく『フランチージェナ街道』のドゥオーモ広場とチステルナ広場との境の内門。

画像



↓ドゥオーモ広場。
右はドゥオーモ・コッレジアータ(Duomo Collegiata=参事会教会)。中は、塔の街サン・ジミニャーノの14本の塔の中でもいちばん高い、54メートルを誇るトッレ・グロッサ(Torre Grossa=大きな塔)、左はパラッツオ・デル・ポポロ(Palazzo del Popolo)、現在の市立博物館。


画像


画像


画像


画像



↓ツイン・タワー、トッレ・ディ・サルヴッチ(Torri dei Salvucci )。高さは51メートル。

画像


画像


画像


↓旧市街中心部の塔の林立する風景。

画像


↓ロッカ(Rocca=城塞)の一角にあるワイン博物館。入り口の壁面に藤の花が満開だった。

画像


画像


画像


↓城塞から眺め下ろしたトスカーナの丘陵。遠くにカステルヴェッキオ自然保護区が見える。

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

サン・ジミニャーノ。「巡礼の道」貫く、塔の街。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる