潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 利賀そば祭りへ。人の背丈よりも高い雪の壁。

<<   作成日時 : 2015/02/08 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 
画像
フレスコ画を建物全体に描いた修道院群が世界遺産に指定されている、北モルドヴァ、ブゴヴィナ地方へ向かった旅の「覚え書」を書くつもりでいましたが、またまた余談を。。。



画像


画像



画像この週末、世界遺産の『五箇山』の五谷のうち、利賀谷、百瀬谷=旧利賀村=へ、行ってきました。

きょうまで3日間開かれた、『利賀そば祭り』を観に行ったのです。


画像


画像



画像世界有数の豪雪地帯だと名高い五箇山へ、厳冬期に入るのは生まれて初めて。

海抜およそ200メートルの、およそ20キロ下流の庄川温泉郷から、片や見上げる山稜、一方は目のくらむ崖谷を見下ろす曲がりくねった山道を、すれ違う車同士が一時停止を繰り返したりノロノロ運転で道を譲り合ったりしながら、標高およそ800メートルの会場にたどり着くまで、およそ1時間半もの道のり。。。

画像「祭り」の会場脇までの道路は、高さ4メートルはあるかと思われる雪の壁が続いていました。

車の運転には自信はあるのですが。。。
豪雪地帯の秘境を訪ねる山道は、さすがに怖かったです。

にも関わらず。会場は、関西、中京のナンバーの車を含めて、驚くほどの車が山あいの過疎の村を訪ねていて、数多い蕎麦の店はもとより、岩魚の出店などどの店も長さ30メートルほどの大行列が続いていて、驚きました。



画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

利賀そば祭りへ。人の背丈よりも高い雪の壁。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる