潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休み〜。雑貨天国、チェンマイのナイトバザール。

<<   作成日時 : 2015/08/06 13:05   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

夏休み入りした。
わが、疑似?「民宿」の“泊り客”??  現在ただいま、ふた組。
秘蔵っこの、鉢育ての家庭菜園の評判が、今年もナイス。

画像「宝石みたい」。。。と、都会育ちの子供たち。
今日この頃ではさして珍しくもないミニフルーツトマトの一種「アイコ」を眺めながら歓声をあげる声と表情に、改めて眺め直してみると。。。
なるほど。結構、きれいだワィ、と撮ったのが左の一枚。

トマトって。ホントは、スーパーの売り場で採れるモンではないのだぞぉ。じぃちゃんの汗の結晶じゃぁぁ〜。よおぉ〜〜く見ておけ〜


画像明日、1組去る。
そして、新たにひと組、夕刻到着。
釣りがしたいそうな

で。
初心者用の安物のサビキ釣りセット、3セットを買ってきた。
釣りなんて。40年ほどぶりだぁ〜。
ちょっとときめく。。。

明後日になるのか、さらにその翌日か? 釣り船の予約、急がなくっちゃぁ。道糸とハリスの結び方、どんなだったっけ?
人生の“先輩”として、孫や甥、姪の子供たちに負けるわけにはいかないゾ。なんだか、どきどきしてきた。


画像遅まきながら、庭でユリの花が満開中である。
世間では、とっくの昔に花の時期は始まっているが。。。
わが家のユリは、藤棚の下、周囲に集中していて日当たりが悪いためか、今年は特に開花が遅かった。藤棚の剪定の手抜き?が原因か?? いい匂いが、藤棚下を通り抜けると漂う。

画像上がカサブランカ、横がカノコユリ。

いずれも、多分、死んだ父が植えたモノ。母ではないと思う。さほど花が好きではなかったから。

カサブランカの名。誰が名付けたのだろうか?
Casa Blanca。白い家? 確かに、真っ白だ。

画像映画「カサブランカ」。
あのテーマ曲が好きだ。あの街を訪ねて、立ち寄って野球帽を一つ、買ってきたが。。。
もう一度、あの国を訪ねてみたい。。。

画像球根種って、怖いナァ。
手入れなど皆無なのに。
春になると芽が出て、花が咲き、秋になると萎れてやがて球根だけ土の下に残して命を絶っていき、その場所にその花があった痕跡も残さない。で、翌年、再び芽をだして、植えた人間の子孫たちを驚かせる。。。

こちらに帰って間もなく、チューリップの球根を大量に、庭の片隅に植えて、後は放置しっぱなしだが。。。死ぬ前に掘り上げておかなくっちゃ。自分が死んだ後、子供や孫が怖がったり嫌がったりするかもしれないし。
生きていた痕跡は、可能な限り、全部消したい。消そう。。。


画像8月1日夜。
花火を見てきた。

画像B29による大空襲で死んでいった、故郷の人々の鎮魂の意で始まった追悼の花火である。

画像今年は、あれから、ちょうど70年だそうだ。
そうか。
もう、70年も経ったのか。。。

花火はキレイであったが。。。
今年もまた、うまく撮れなかった。花火撮影はやっぱり、手ブレしにくい一眼の方がいいのかな?


画像かく、夏休みは過ぎて行く。

画像にわか民宿?のおかみ&亭主の仕事はなるべく手抜きして、温泉宿など本職の方におんぶ&だっこしてもらっているので、比較的に楽ではあるのだが。。。

画像まだ、残すところ3週間。しんどそうだ。あぁぁぁ〜〜〜

当然、この旅の『覚え書』など。こうやって一回あがりぃ〜〜。

かく、手抜きじゃぁぁぁ〜。
忙しいンじゃぁぁぁ〜〜。



♩ ♪ ♫ ♬ ♭ ♮ ♯ ♩ ♪ ♫ ♬

         ♩ ♪ ♫ ♬ ♭ ♮ ♯ ♩ ♪ ♫ ♬


画像


画像



チェンマイ。

“微笑みの国”の、北部、文化都市である。
歴史ある街だけに、寺院や遺跡は数多くそろう。

ワット・ドイ・ステープやワット・プラシン、ワット・チェディ・ルアン、ワット・ウモーン、ワット・スワン・ドークなどなど。
そのいくつかを、また観てきた。


画像


画像


画像


画像



夜になって。
ホテルから近い、この街でおなじみの、ナイト・バザールを訪ねた。露店ひしめくチャンクラーン通りは、この夜も暑かった。
ナイト・バザールでは、民族舞踊ショーを見ながら食事も。

赤道直下に近いのだから、暑いのは、この国では当たり前、と覚悟をしているから、どうってことはなかったが。。。。

しかし。
帰国したら。我が国はなぜか、この国よりももっと暑かった。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
夏休みの合宿、ご苦労様です。
奥様も、本当にご苦労様です。

こちらは、アマルフィの祝日は
とても良かったです。

今日はアマルフィから移動します。
まだアマルフィに居たい〜!
hiroshiさん、奥様、頑張られてくださいね。
これが終わられたらhiroshi家の夏休みですね。
murmur1
2015/08/11 17:44
お〜〜

これは、これは、murmur1さん、はるか遠いアマルフィ海岸からコメントを頂戴して、天にも昇る心地です。

楽しんでらっしゃるのでしょうね〜。
アマルフィでの夏休み。
「今日は」ラヴェッロでレモンのグラニテを召しあがった、というところまで拝見しております。
きっと、あのドゥオモ広場近くの、ヴィラ・ルーフォロの塔が見えるあたりで召しあがったに違いない、などと想像しながら、拝見しました。これで、あの映画に登場したすべてのロケ現場をご覧になったのでしょうね。トラバーニは、ラヴェッロにいらっしゃる途中にご覧になったでそうし。

アマルフィ海岸で一度も泊まったことのない我が身から言わせていただければ、実に羨ましいです。

夏休みの合宿生活、もうかなりあきあきしております。合宿する側の人間ならばまだしも、世話をする民宿の飯炊きばばあに風呂焚きじじいではね、ま、大変ですから。。。とほほ、です。

お時間を拝見すると、「今日はアマルフィから移動します」とお書き込みいただいたのは、そちらの時間で午前11時少し前、ですね? とすると、もう、今はあのホテルを離れられて次のホテルに移動を終えられ、もう夕食時間帯のころですか? 

次のホテル。
多分、またまた、例の、カラフルな陶板のベンチのある、超高級ホテルですね。うらやましい
それとも、今回は別ホテルをお選びなのか? いずれにしろ、やっぱり、ポジターノでしょうね。

次の日記を拝見させていただくのが楽しみです。
hiroshi
2015/08/11 23:15
そちらは、もう夕方ですね。
ご推察通り、最後の滞在地です!
もう、帰らないと仕事、首になります。
急いでアップをしたので、ホテル名を
いれかのが抜け、hiroshiさんが、followして
下さってありがとうございました。
ソレントは、クルーズで何回か来たものの、滞在は
初めてです。日本人は私達だけみたいです。
サンタカテリーナは、4組、シレヌーゼは、二組
でした。hiroshiさん、奥様早く夏季合宿が終わられますように?では、またです。
murmur1
2015/08/14 17:26
これは、これは、murmur1さん

はるかに空の向こう、遠いイタリアの地から二度目のコメントをいただき、「hiroshi、感激〜」。。。あ、あれは、某カレーメーカーのCMで、「ヒデキ、かんげきぃ〜」と名前違いだったですか。。。と、またまたくだらない駄洒落ですみません。先生はまだお生まれになっていないか、まだ幼児でらっしゃったころのCMですから、ご存じないですよね。

>もう帰らないと

そうでらっしゃいましょうね。お忙しいお仕事をお持ちで、しかも、首になるなどとんでもない、いらっしゃらないと大変なことになるかなめのポジションを占めてらっしゃるのですから、教授がお困りになることでしょう。
それだけ、短いけれども充実した、内容の濃い夏休みをお過ごしになったことと思います。第一、ホテルの“内容の濃さ”が素晴らしいではないですか。サンタカテリーナで四組、シレヌーゼに二組も日本人がいらっしゃったとは。。。 びっくりです。

ショッピングはいかがでした?
またまた陶器をお買い求めになりました? サマードレスも、当然、お買いになったでしょうし。。。お帰りは、荷物も増えましたですね。

ソレントからはタクシーですか?それとも、ホテル直下の船着き場から水中翼船でナポリのベヴェレッロ桟橋経由ですか? 

あとしばらく、ティレニア海の眺めを満喫なさって、ゆったりとお過ごしになられますように。そういえば、もうすぐ、真っ赤に燃えながら水平線に沈む夕日を眺められますね?
hiroshi
2015/08/14 23:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

夏休み〜。雑貨天国、チェンマイのナイトバザール。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる