潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄昏時のスプリット。心温もる、柚子色の電灯光。

<<   作成日時 : 2016/03/31 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

 

一昨日29日、わがふる里でも、標準木の花が咲き始めて桜の開花宣言が出た。昨年よりも3日早く、平年よりも7日早いそうだ。


画像



わが家の庭のソメイヨシノも、同じ一昨日にチラホラ咲き始めた。
と、思っていたら、陽気が続いて。
本日朝に撮った写真はもう6〜7分咲き。週末には、満開を迎えそうだ。


画像庭の桜の足元では、同じく今朝撮った写真のごとく、まだ水仙やヒヤシンスが咲き続けているのに。。。

昔、“裏日本”とまで言った寒い雪国でも、ソメイヨシノの開花時期は“表日本”並みに早くなってきた。これも、地球温暖化の影響なのか。

画像そういえば。
いま、長々と書き連ねているアドリア海沿岸の「旅日記」に出かけたのは、ちょうどこの、早春からの花が盛期を終え、春の花が華やかに幕を開けたころであった。。


画像旅の出発前に東京の、江戸や明治の香りのする街巡りを少々楽しんだが、あの時に巡った隅田川沿いは、花真っ盛りであった。

あれからもう、丸一年にもなるのに。。。

未だ、ノロノロと駄文を書き散らかしているのか。。。と、ちょっとがっくり。



● ○ ◎ ● ○ ◎ ●

        ● ○ ◎ ● ○ ◎ ●



画像


画像

宵闇の、 スプリット旧市街。街灯は、昔ながらの、黄色く暖かく光る白熱電球だ。



その、がっくりと気が滅入っている、いまだにノンビリと書き綴っている、昨春のアドリア海沿いの街を巡ったツアー旅の続きである。


シベニク→トロギールと巡ったこの日。
つまり、昨年の4月6日の旅の一日は、最後に、スプリットのホテル着で終了。

トロギールからスプリットまでは、距離にしておよそ20キロ。

画像またまた、アドリア海沿岸をおよそ600数十キロにわたって続く海沿いの道、「アドリアティック・ハイウェイ」を、
つまり、この辺りではD8(国道8号)を、ツアーバスは走った。
あちらこちらに島の浮かぶ青い海が、こちらでも続いていた。

ドライバーに後刻聞いたハナシでは、クロアチア鉄道線が並行して走るこの辺りの区間は、“ヨハネ・パブロ2世道路”とも名づけられているそうな。ひょっとすると、前のローマ法王は、この辺りを巡幸した折に、この道を通った記念なのだろうか?


画像ツアーバスで25分ほどでスプリットに到着。クルーズでの寄港時以来、2年10カ月ぶりのスプリット訪問だ。

ツアーバスからは、ホテルに近い、紀元4世紀にローマ皇帝、ディオクレティアヌスが造った宮殿跡の南東に位置する、ヤドロリニア(Jadrolinija)という名のフェリー乗り場を臨める一角で降ろされた。


画像


画像



そのスプリットはもう、すっかり暮色が街を覆い、どこへ向かうのか、フェリー2隻が相次いで出港していく姿が目だつくらいで、観光客の姿は数えるほどしかなかった。
オン・シーズンまではまだまだ間のある、復活祭を終えたばかりの春まだ浅き季節。しかも寂しい夕刻から宵闇時。うら寂しい雰囲気であった。


画像


画像



一度ホテルに入った後、レストランでの夕食時間まで小一時間ほどあったもので、さっそく、宵闇のスプリット旧市街へ。お散歩、お散歩.。。。

以下、今回は、その散策時に撮った、夕闇時間帯から宵の間の、スプリット旧市街、及び一部新市街の風景。


画像

↑ 旧市街の中心部、大聖堂に面したペリスティル広場。及びその周辺。

画像


画像



クルーズの寄港時には街の白昼の姿しか見れないが、陸旅では、宵闇から夜の街の姿も堪能できる。
そういう意味では、陸旅は、クルーズ時の、ざわめく白昼の刺激的な光景のみの味わいと、また違った魅力がある。

しかも、夜のヨーロッパの古い街中では、パリやロンドン、ローマなど巨大都市の夜の歓楽街ほか、ほんの一部のエリアを除くと、明滅する色とりどりの鮮やかイルミネーションやネオンサインはもとより、LEDやアーク灯、蛍光灯さえ数少なく、昔ながらの白熱電球のオレンジ色の光が、闇の中で密やかにまたたいているのも好い。
適度に暗く、オレンジ色の温もりが光源の主流であって、周囲の建物の壁にも柚子色の光と影を投げかけているだけなのも、なんともやさしい素朴な雰囲気で好きである。


画像


画像


画像



ちょっと大げさだが。。。
陸旅では、この夜の街中を彷徨うことの面白さが、なんともたまらない。
当然、写真もかなり撮るのだが。。。

ネオンサインのきらびやかな街を一望できる夜景が名物の都市なら世界中にいっぱいあるけれども。

実際に歩きながら眺める細い街並みと建物、路地の光景が素敵な街となると。
よほど特徴のある古い街でないと、何をどう撮ったのか、後刻伝わってくるものがない。
そういう面で、やっぱり、ヴェネツィアとかブルージュとかドブロヴニクとか、このスプリットとか、街並の夜の光景が絵になる街はかなり限られるような気がする。


画像

↑ ↓ ペリスティル広場に面したカフェ&レストラン「Lvxor(ルクソール)」。遺跡の階段を利用した将棋盤風なテーブルと座布団風な椅子もどき?のテラス席は、クルーズで立ち寄った時は大人気であったが、さすがにこの季節、風吹き渡る冷えた大理石の上の座り心地は敬遠されて、皆、店内に閉じこもっていた。

画像



画像

↑ 新市街のナロドニィ広場。


画像

↑ ↓ 同じく、レプブリカ広場周辺。

画像


画像




と、生意気に小理屈を並べているが。。。


画像



画像スプリットの夜の散策は、買い物が目的であった。

  この店のチョコレートである。

画像スプリットの近郊、北東に位置するソリン(Solin)のチョコレートメーカーがスプリット旧市街に小さな店を構えているのだ。

画像70%の高カカオチョコをベースにイチジクやキャロブ(イナゴマメ)、ラベンダー、シェリー酒などのフレバーをミックスしている。自分よりも、連れ合い、相棒の好みのチョコレートだ。

なにしろ、イチジク大好き人間だから。。。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、hiroshiさん。
拍手コメントを頂きまして、有難うございます。
とても励みになります!!

hiroshi家のソメイヨシノ、もう満開ですか!
東京と同じスピードなのですね。
もう少しだけそちらの方がゆっくり目なのかと
思っておりました。

なんだか、日本中の桜の開花が北上するって言う表現が
通じなくなっちゃいそうですね。
ちょっと寂しい気がします。

今年は、秋葉原から船に乗って、
神田川さくらクルーズもしたのですが、
ブログに間に合いません。

お花の写真、どれも素敵ですね。
そして、hiroshi家の桜、立派ですね〜。
青空に映えます。

青空の下の桜、やっぱり気持ちいいですね。
お家でソメイヨシノのお花見が出来ちゃうなんて夢のようです。

カカオ70%のチョコレートはミルクチョコレートより美味しいですね。
奥様、フィグお好きなのですね。
やったぁ〜〜。
私もなんです。嬉しい!

チョコレートにいちじくが入っているんですか。
それ、絶対に美味しいと思います。
今度探してみよ♪
そうかぁ、奥様いちじく大好きでらっしゃるのですね。
いちじくの入ったマドレーヌ?フィナンシェ?も大好きです、私。ドライフィグも。

良いお話を伺えて嬉しいです。
murmur1
2016/04/02 21:13
murmur1さん、こんばんは。

お返事が遅れました。

そちらへ。孫たちに会いに、お近くに出かけていて、コメントを頂戴していることを知らず、帰宅した、たったいま、気づきました。まことに申し訳ありません。

>東京と同じ

ほんと、そうなんですよね。

十数年前にこちらへ戻ってきたころはまだ、自分が子供であったころと同じく、桜前線は順次北上してきて、そちらで花便りが聞かれた後、わが方の開花はあと5日か? 1週間か?? などと楽しみを待つ喜びがありました。そして、花の時期を巡って地方ごとの風情があったものですが。。。

ここ5〜6年ほどですかね。年々、こちらの方の開花時期は関西やそちらとほとんど違いが無くなってきて、雪国らしい情緒が乏しくなりました。

ほんとにそうですね。北上する桜の物語は、もうしばらくしたらほとんど消えちゃうのでしょうかね。
東北とか北海道も、そのうち、違っても2〜3日の時差くらいなちゃうのかも。

そうですか
murmur1さんもフィグがお好きですか!

わが家の彼女と同じですね。
コメントを拝見してすぐに彼女に話したら、「有名な大学病院の女性医師の教授の方と好みが同じだなんて。光栄」と大喜びしていました。

あ、教授って。。。
彼女は「もう、きっと、とうの昔におなりになっているワョ」と断言していまして、もし違っていても、単なる時間差の問題、だそうです。相済みません。
hiroshi
2016/04/03 20:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

黄昏時のスプリット。心温もる、柚子色の電灯光。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる