潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 6世紀のモザイクが魅了、イストラ半島ポレチュの聖堂。

<<   作成日時 : 2016/07/04 15:24   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2



ジャスパーでもバンフでも、あるいは隣接するアメリカのクーテネイでもいいが。。。


画像



想像すれば、まるであのロッキー山脈の国立公園の、すそ野に点在する大森林帯の針葉樹林の森の真上を、超低空飛行している飛行機の窓から眺め下ろしているかと錯覚するほど。

それほどの、奥行きのある大自然が眼前に広がっているではないか


画像



画像カメラのレンズを地面近くまで下げ降ろしてシャッターボタンを押すと、苔の絨毯の醸し出す世界は、驚くほどに大空間であり、広く巨大で凹凸も深い。

画像所用で出かけたことのついでに、久方ぶりに、京都洛北、洛西界隈で、しばし、のんびりと遊んできた。

中には久方ぶり、ほぼ半世紀ぶりに訪ねた仏閣もあり、ひょうひょうと変わらぬたたずまいと、その対極の大きく変化した環境とにとまどった場所もあったのだが。。。

画像この一連の写真を撮影した夢窓国師ゆかりの枯山水の庭園も、その一つであった。
昔は自由に見学させてもらえたのだが、最近は事前の申し込みで許可を受けないと入れない仕組みに変わっていた。滞在中の世話をしてくれた縁戚が、こちらを訪ねるかどうか、まだ雪のころに聞いたきた理由が、この街に入ってようやく理解できたぼんくら頭であった。



   ≡ ≡ ≡   ≡ ≡ ≡   

          ≡ ≡ ≡   ≡ ≡ ≡   


画像

↑ イストラ半島、ポレチュの世界遺産「エウフラシス聖堂」。


画像さて。
続けている、アドリア海東岸の街々を巡った旅の続きである。

ツアヴォタットで3泊目、最後の夜を明かした朝早く。
ドブロヴニク空港からザグレブ空港へ。


画像途中、日本ならばさしづめ、食品スーパーのちらし並みの料金設定で、つまり、「○×.99ユーロ」との安売り、釣り広告まがいの料金設定で、たとえば、バルセロナからアムステルダムまで34.99ユーロなどで販売する話題のスペインのLCCの機体を、初めて目にした。

ラッキー。写真が撮れた。



ドブロヴニクからザグレブへ飛行機で戻り、今度はザグレブ市街へは一歩も入らず、そのままツアーバスは高速に乗って、今度はイストラ半島へと向かった。

巡ったのは、下写真の順番通り、オパティヤからその郊外のロヴラン、さらにプーラ、ロヴィニ、ポレチュ、そしてスロベニアのコペル。いずれもサマー・リゾートのメッカや拠点の街で、都合、1泊2日の、かなりきつめの行程であった。


画像


画像


画像


画像


画像


画像



これらの街はいずれも、一度、陸旅やクルーズ旅での寄港時の「覚え書」として書き留めているため、パスしようかとも考えたのだが、一応、一回だけ、この半島の街で一番好きな、世界遺産の教会のある街、ポレチュを中心に写真だけで旅日記として書き残して終わりたい。

理由。
いくらなんでも、もう1年以上昔のハナシ、少々鼻についてきた。あと、スロベニアで初めて訪ねた街のハナシを何回か書き留めて、The End、Finishにしたいと考えている。


画像ということで。
今回は、世界遺産のエウフラシス聖堂、←の地図の赤丸印を中心に、ポレチュの街のみを。。。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



次いで、ポレチュの街中。

画像

↑ 天使の聖母教会。

画像


画像


画像


画像


画像


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、hiroshiさん!

まーたまた一つ前の記事に新しい記事のコメントをさせていただきまよ。

ポストイナ鍾乳洞、壮大ですね? 竜宮城の表現がピッタリです。
5月にマヨルカ島の鍾乳洞に行きましたが、明らかに規模が違うとわかります。
これほど美しい場所ですから、歌に自信がある人なら歌いたくなるのも頷けますし、美しい場所で美しいアカペラが聞けたら最高の気分が味わえるでしょうね。

どちらが頭だかよくわからないホライモリが可愛くて、ツンツン突っついてみたくなります。
こんな希少動物まで見られるボーナスがあるのですから、美しさだけではなく「世界一」の鍾乳洞と言って過言ではないでしょう。

長旅の後、10時間以上爆睡して寝ぼけています。
帰路は、機上で寝て、ドライブの途中で寝て・・・と寝てばかりいたのに、帰宅してから更に時間がわからなくなるほど寝ました。
スッキリするどころか、頭の中がグルグルしています。
かいり
2016/07/10 23:53
かいりさん、こんにちは。
お帰りなさい。いかがでした?「R」シップ。船からコメントをいただいたとおり、さぞやお楽しみになったことでしょう。あれほどの高級船、心行くまでお楽しみになったに違いないと確信しております。しかも、あれほどにリーズナブルにお乗りになって。羨ましいです。幸運を背負ってらっしゃるのですね。きっと。
実はいま、外出中でして。昨日、参院選の投票を早朝に終えて、そのままJR駅に直行しました。帰宅は明後日の予定で、PCでのご返事を差し上げるのはまだまだ先になるもので、苦手な携帯の小さなキーをいじくって書いております。ポストイナは竜宮城でした。あんなに素晴らしい地下宮殿は、生まれて初めて見ました。向こうのパンフレットに書いてあったのですが、三笠宮をはじめ皇室の方々もWW2前にいらっしゃっているのですね。トロッコもそのころから既にあったらしいです。
そちらは、長旅でらっしゃったでしょうね。大西洋を越えてアメリカ大陸をまた反対側、太平洋側まで飛ぶんですから。メモ用にお書きになったらしい?例の掲示板、あるいは旅日記を、ひょっとしたらまた楽しませていただけるかもしれませんね。とり急ぎ、携帯で失礼しました。
hiroshi
2016/07/11 10:49

コメントする help

ニックネーム
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

6世紀のモザイクが魅了、イストラ半島ポレチュの聖堂。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる