潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 快晴のテイデ山から雨の世界遺産の街へ。

<<   作成日時 : 2016/12/21 23:17   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0




前回に書いた、送り出したカードとすれ違うように、昨日、海の向こうからの、今シーズン第1号のクリスマス・カードが届いた。


画像



といっても、もちろん、宛先はこちらではない。

ない。。。のだけれども。。。

今年もまた同封されていた、ささやかではあるが心のこもった甘いプレゼントはほぼ全部、もう既に、自分の胃袋に消えた。オイチカッタ

画像宛先の当人は、最近、少し肉付きが良くなってきたのを気にしてチョコ系の飲食を自制している。
同時に、送り主は、宛先人の亭主は男にしてはチト稀なチョコ好き人間だとご存じであるものでチョコは多分添えられており、その亭主は昨年までは、宛先人から半分もらうだけで我慢していたのだが。。。

今年は「自制」中の宛先人の間隙を縫って。

「これってカロリー高いのョネ。食べちゃダメでしょ? 代わりに食べてあげる」。。。ということで、ほぼ全部わが胃袋の中で、もう溶けちゃっている。♪ルンルン♪

送り主は、当人=相棒、と長い付き合いになる。
ドイツ人のご亭主と熱い情熱の末に国際結婚し、ご主人の仕事の関係でかつて日本にも10年近く住んでいたことのあるオーストラリア人で、ご主人がリタイア生活に入って以降、この街に住んでいる、相棒の大昔の英会話の先生。

到着したカードのトップバッターは、今年もまた彼女であった。



              

              


またまた。
ただいまシーズン真っ盛りのハナシ。





You Tubeからお借りした、アップされて既に2年ほど過ぎた少々ニュース性の薄い動画である。

この動画。

画像金沢を本拠として北陸一円で活躍する、とあるフラのハラウで、本場ハワイのその筋(?)と数々の接点を持ち、なかなかに魅惑的なステージを披露して、この地方ではチト有名な存在なのだ。

わが相棒もお世話になっているせいもあって、個人的に魅せられているフラ・グループなのである。

その人気のフラ・スタジオと、このハラウのゲストとしてこれまでも一緒にステージを何度も踏んできた本場の気鋭のハワイアン・ミュージシャンの、恒例のクリスマス・コンサートがこのほど、金沢・香林坊のホールで開かれた。

画像この日は撮影禁止で、公演終了後、入場客を見送ってくれる出演の皆さんの後ろ姿しか撮れなかったが。
年に何回かあるステージによっては写真撮影が許されている会場もあって、過去、数多いファンに混じってこちらも何度か撮らせてもらっている。

許可をもらっていないもので個人情報に触れる形ではここに載せるワケにはいかず、イメージ風仕立てでしか載せれないのが残念である。

画像ここ最近、縁あってこの人たちのステージに魅せられ、初夏、夏、秋、クリスマスなどと、季節ごとに楽しませてもらっている。

今年の師走はいささか多忙ではあるが、忙中閑あり。
それをチャンスに久しぶりに金沢の街で少し遊んできた。

以下、その時に撮った、冬の始まりの季節の金沢中心街の写真。

せっかく撮ったのだから、さして意味もないけれども。
もったいないから、わが日記に残しておこうという、単純素朴な、写真だけのまとめ。なり。





画像



画像

●尾山神社

画像


画像


画像



画像



画像

●石浦神社境内の常夜燈台

画像



画像



画像


画像



画像



画像


画像



画像



画像


画像



画像

●美術の小径

画像


画像



画像

●中村記念美術館

画像



              

              


画像



テイデ山からは、同じユネスコの世界遺産、今度は自然遺産に変わって文化遺産に登録されているサン・クリストバル・デラ・ラグーナの街に向かった。

バスがアップダウンを繰り返しながら火山帯をゆっくりと下ってい行く途中。
標高2,400メートルほどの尾根筋にあるという、天文台群の山麓下を通り過ぎた。

ハワイ島のマウナケアやマウイ島のハレアカラと同じである。
ほぼ一年中、雲海の上にある日が多く大気に塵や埃が少なくてきれいに澄んでおり、ハワイの二つの島のほか、チリのラ・シンラやパラナルと並ぶ、天体観測に絶好のポイントなのだそうだ。


画像



バスはゆっくりと高度を下げ、やがて雲海に飲み込まれた。

雲を突き抜けて視界が開けたのは、もう、世界遺産の街に近かった。
近づいて気が付くと、小ぬか雨のような細かな雨がバスの窓ガラスを濡らしていた。

その雨雲の下で、街の通りはクリスマスのイルミネーションで覆われていた。
夜にどのように光り輝くのか?
クルーズ旅は、残念ながら知る由もないのだが。。。


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

快晴のテイデ山から雨の世界遺産の街へ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる