潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS フンシャル、扉絵の街に、船乗りたちの小さな教会。

<<   作成日時 : 2017/03/11 21:19   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

 
前回に引き続いて。
マデイラ島、フンシャル旧市街のサンタ・マリア通り一帯に広がる、ドア絵のハナシの続きである。

画像


いや。
ハナシには特に「続き」はないのだが、写真を滅法数多く撮ったもので、前回に引き続いて、うちいくらかでも多めに、この「覚え書」に置き並べておきたいという、ただそれだけのことであるのだが。。。


画像



前回に書いた通り、このドア絵“作戦”というか、プロジェクトの行われているのは、15世紀にこの島を“再発見”したポルトガルの船乗りたちが最初に定住した「ゾナ・ヴェッラ(Zona Velha、直訳すれば老婆のゾーン、意訳すれば旧市街)である。

レストランやカフェが集積する、いうところの歓楽街だ。


画像


画像


画像

サカナ料理をメインとするレストランの前には、シースルーの冷蔵庫がデンと据えられていて、客はその中から好みの魚種を選んで食べられる仕組みは、この街でも行なわれていた。

画像



その歴史的エリアで。
無人となった建物が増えるなど街筋が荒廃してきたため、街の魅力の再構築と、いかに観光客にアピールして賑わいを創出するかを目的に、2011年に始まったばかりの、市街地再開発の一手法なのだそうだ。

プロジェクト名は「アート・デ・ポルタス・アベリタス(Arte de Portas Abertas)=芸術プロジェクト〜オープン・ドア作戦」。

マデイラ島の建築家やインテリア・デコレーターをはじめ、ポルトガルの芸術家、室内装飾家、デザイナーら120人を超える人々が参加し、既に200枚を超える扉絵、ドア絵が誕生しているのだと聞いた。
この街を訪ねたあの日からもう、すでに結構日にちがたっているから、本日只今ではきっと、さらに作品は増えているのではなかろうか。

ということで。
この街を徘徊しながら、かなり大量の写真を撮った。デジタル・カメラ時代のおかげというか、賜物であった。


画像

前々回に写真を載せた、モンテ地区へ登るケーブルカーの発着駅もこのエリアにあった。絵の街のメインストリート、サンタ・マリア通りの家並みを見下ろしながら、そのケーブルカーがひっきりなしに上下していた。

画像



サンタ・マリア通りをメイン・ストリートとする旧市街。

この街のコア、というか、中心に小さな広場があった。
その広場に、純白のいでたちの小さなチャペルがあった。

名前は、コルポ・サント・チャペル(Capela do Corpo Santo)。


画像



こちらもまた、可愛く、面白かった。
ポルトガル本土と同じく、マヌエル様式の装飾とアズレージョも美しかった。

建てられたのは15世紀。マデイラ島では最古の教会だとか。

フンシャルのメインストリートに建つ、15世紀末、キリスト教騎士団によって建てられたフンシャル大聖堂セ(Sé do Funchal)よりも古く、大聖堂に移った司教座は、最初、このチャペルに置かれていたのだそうだ。


画像



こちらに祀られているのは、船乗りや漁師たちの守護聖人、聖ペトロ・ゴンザレス・テルモ(saint, São Pedro Gonçalves Telmo)。13世紀、バレンシア生まれの司祭。

キリスト教とは縁の薄い日本人でも、たいがい、子供のころに童話や寓話で読んだ、船のマストの尖頭に青白い「セントエルモの火」を灯して、海で進路を誤ったり魔界にひきづり込まれそうになった船を誘導してくれたあの物語の、ポルトガルとスペインでの主人公である。半分恐れ、残る半分、なんともいえぬ畏れ心を抱きながら読み終えて、時には夢にまで出てきてウナされた経験を持つのは、こちらだけではないハズだと思う。

「セントエルモの火」の“聖人”は実は、日本では。。。いや、ポルトガルとスペインを除けば、3世紀の殉教者、イタリア、フォルミアのエラスムス(Erasmus of Formia)を指すが、ポルトガルでは「聖体」の意とセントエルモの火を兼ねて、この島へ渡ってきた船乗りたちから聖ペトロが大切にされているんだそうな。


画像



ということで。

今回もまた、上から下まで、扉に描いた絵のある、フンシャルの街筋のハナシである。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

フンシャル、扉絵の街に、船乗りたちの小さな教会。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる