潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS 外国人で賑わ飛騨高山。そして。運動会。

<<   作成日時 : 2017/05/29 23:28   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

 
久しぶりに、運動会を観てきた。

全国的に運動会の「ピーク日」であったという、一昨日、土曜日。暑いあつい一日であった。


画像


しかも。
朝から午後遅くまで、しっかり7時間も居座り続けて見物。
さらに。
前日の雨にうって変わって再び真夏に移動したかのような日差しの中で。すし詰め状態で区切られた保護者、父兄参観席で、ピクニック・ブランケット風レジャーシート一枚下はすぐに土、という、尻が痛くなるような居心地の悪いシートに座りっぱなしで。

折り畳み椅子やパラソルなど野外で便利な器具備品はしっかり持ち込み禁止されていて、胡坐をかいた足を時折組み替えるくらいしか、次第にしびれていくふくらはぎや太ももを守るすべなく。太陽の熱線がじりじりと肌を焼くのを遮る手立てもなく。

よくもまぁ、7時間もの超長場を耐え抜いたものだと、かく振り返ると、自分で自分を褒めてやりたい心境になる。


画像



末の孫の運動会であった。
可愛いその孫の出場種目や演目を楽しみに、観たり出番を待ったりしていたから、あの7時間を耐え抜けたのだろうと思う。

太平洋戦争終戦からまだン年しかたっていなかった頃のわが小学生時代の運動会と引き比べると。
末の孫のそれは、競技や種目に隔世の感があった。
末の孫よりもひと回り上の孫やさらに年長の孫の小学校時代の運動会と引き比べても。ましてや、今は既に中年世代入りしているわが子供たちのそれに比べても、かなりの違いを感じた。

昔の運動会よりも、格段に楽しいのだ。最近の運動会は、観ているだけでも。。。


画像



種目も。
我々世代の小学生のころの定番であった「綱引き」とか「ムカデ競走」とか「拝借レース」とか「障害物競走」などはなし。

「騎馬戦」や「リレー」「棒ひき競技」「玉入れ」などはあった。

なくなった種目に変わって、まるでフィレンツェの旗振り部隊のような「旗振りダンス」や頭上に直径1メートル大の大きな球を前から後ろへ送って速さを競う「大玉おくり」などが、結構面白く、子供たちや父兄も盛り上がっていた。
   


画像



   * * *   * * *   * * *   * * *   
      * * *   * * *   * * *   * * *   


画像



先だって。
運動会の3日前〜2日前にかけて。

つまり、今月24日〜25日の一泊二日間。
飛騨高山へ行ってきた。
十五年ぶりであった。


画像


画像




ニュースや人の噂で聞いてはいたが。これほどであったとは。。。

外国人の多さである。
とくに。上二之町や上三之町をはじめ、三町伝統的建造物保存地区は、中国語や韓国語、英語、フランス語などがかしましく飛び交って。感じ、訪ねている観光客の7割は外国人、日本人は3割弱、ペットのイヌ、ネコ若干名。。。

ここはどこだ? ホントに日本か?? 海の向こうのどこかの国の、夢まぼろしのリトル・タカヤマ?あたりか??というほどに、外国人による賑わいを見せていた。
びっくり。


画像


画像


画像


画像


画像



ということで。
しばらく、旅はまだ続く。。。。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文




会社設立 大阪市
   
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

外国人で賑わ飛騨高山。そして。運動会。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる