潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書

アクセスカウンタ

zoom RSS サンロレンツオの市場経由し、パレルモ旧市街へ。

<<   作成日時 : 2019/04/10 16:33   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 6





画像



庭の桜。
4日前から満開になった。

わが地方の気象台の、わが街中心街に近い川沿いの公園の桜満開の“ご託宣”は5日だった。
結果、わが家のソメイヨシノは、その満開宣言よりも一日遅い。

ま、例年並み、なのであろう。


画像



ニワウメも、満開を迎えた。
別名、リンショウバイ。株立ち状に育つ落葉低木で、高さ、およそ1.2メートル。ツツジよりも樹高は小さい。

この木。
個人的に、なんとも好きである。
普段は地味で目立たぬ、主張の薄い小灌木のくせに、春にだけ、前年に伸びた細い枝先に、淡紅色の一重咲きの、花茎の短い小さな花をびっしりと密集して付け、何本ものピンクのトーチを翳したように派手に開花する。そして、辺りの景色の中でスポットライトを浴びた女王のように光り輝く。

残念ながら、一株だけしかない。
で、ここ数年、早春に枝先を15センチほど切って土に挿しているのだが、なかなか活着してくれない。
もう少しトライしてみて、それでもダメなら、苗木屋を丁寧に巡って探してみようと思っている。


画像



ボケも、満開となった。



             
                


画像



毎週欠かさず、旅行時や所用で放映時間帯に留守にする折などは録画してまで見続けている番組が、二つある。

その2本の番組のうちの1本が、BS日テレで日曜夕刻に流す番組『小さな村の物語イタリア』だ。

その『小さな。。』が今月6日、放映300回を迎えたのを記念して、 『 霧と彩りの島 “七色の村”を巡る愛の物語〜ブラーノ』と題した2時間スペシャル番組を放映した。

残念ながら、この夜は小さな会合が一つあって直に見ること叶わず、翌7日午後に、記録したBRを開いた。

好きなヴェネツィアのハナシであるから、そこそこ期待していたのだが。。。
それ以上に驚き、大喜びしたことが一つあった。
画像
以前一度書いた、ブラーノ島のレース刺繍のマエストラ、エンマ・ヴィダルさんが、番組で取り上げられていたのだ。

今もなお、お元気な姿にお目にかかれて、飛びあがって喜んだ。

今もなお。。。と書くと、いささか、妙な表現になるが。。。
なにしろ、1916年生、日本式に言えば、みまかって以来十三回忌を2年前に終えた我が母と同じ、大正5年のお生まれでらっしゃえるのだ。

この特別番組の撮影はどうも昨年冬場らしいので、正確に言えば、昨冬まではお元気に活躍してらっしゃた、そして以下推測すれば、多分現在只今も元気にお仕事に励んでらっしゃるに違いない。
と、かく、テレビ画面を通じてとはいえ、お目にかかれたことに喜んだのだった。



             
                


画像
本筋の、旅日記である。

『MSCメラヴィリア』の西地中海、ウィンター・クルーズ。
1月23日、火曜日、パレルモに寄港し、ショア・エクスカーション・バスでモンレアーレへ出向いた、というハナシの続きである。

日本人には考え難いことながら。。。

海外発着の、世界の人々が乗船するクルーズ船に乗ると、さして珍しいことではない、遅刻しても平気な人々に無駄な“待ちぼうけ”を強要されることが、ままある。

今回の、パレルモ寄港時のエクスカーションでも、また被害に遭うはめになった。

画像
「集合時間は正午ピッタリ」、と、モンレアーレに到着したエクスカ−ション・バスを降りる寸前、ガイドさんから、しっかりと注意を受けた。

なのに。。。
帰路。
駐車場で停車中のバス車内で待たされること、およそ25分。

どちらの国の人か? 
ま、どの国にも、時間厳守など全く気にしない人はいるもので。。。
日本人には滅多にいないけれども。

画像
女性ばかり4人の、G7を構成する某国の熟年齢の“レディ”たちは、お土産袋をそれぞれ抱えてゆったり、のんびりととバスに戻ってきて。
謝罪どころか言い訳もなしで、まるで、時間通りに座席に張り付いていた人たちに「なんであんたたちは、人生、そう急くのよね〜」と言わんばかりの表情でどっかりと彼女たちのシートに着席。

時間通りに参集した人たちは当然、言葉こそ発しないものの怒り心頭で、睨みすえたり、小声でぶつぶつ非難したり。結局、皆が賢く不満を心内に仕舞い込んで。。。

エクスカーション・バスはモンレアーレを大幅遅れで発車した。

エクスカーションのガイドさんは「昼食は各自、ご自由に」、と乗車時に説明していた。

で。
個人的に、パレルモ旧市街で食事時間はどのくらいとってくれているのか?と。
根が食いしん坊なもので、こちらはかなり気にしつつ、バスに揺られていた。

画像
と。。。

バスは、モンレアーレとパレルモ旧市街を一直線で結ぶ州道186の緩い下り坂を走り下ってきて、旧市街への入り口近くまで来たところで。
こちらの思いを無視したように、高速道E90とのICで左折。
高速道へ入って、旧市街から西へ、再びパレルモを遠ざかり始めたではないか


昔、こちらからトラパーニへ走ったことがあるもので。
なまじ、ここらの地図がちょっと頭に入っているばかりに、気になり始めた。「どちらへ誘拐するのか? どの街で食事を摂らせてくれるのか??」と。

答えは、案外、早く出た。
高速を西へ走ること10分足らず。

画像
バスはパレルモ郊外、夏のリゾートエリア、海水浴場→として名高い、昔、一度たずねたことのあるモンデッロに入って間もなく。大看板に「メルカート・サンロレンツオ」と大書された、日本での感覚で言えば“小さな”、せいぜい、田舎の街のスーパーマーケット規模レベルのショッピング・センターへ入っていって、バスの大きさならば、せいぜい3〜4台しかとめることのできない狭い駐車場でストップした。

画像
見た目どおり、小さな市場であった。
バス会社と、このメルカートは、片や客を案内、こなた、マージンを受け取りと、持ちつ持たれつ、の関係にあるのかもしれない。。。などと詮索しつつバスを降りたのだった。



画像



結果、この市場は意外に面白かった。
時間も1時間ほど確保してくれて、お安く、庶民的な雰囲気の中でイタリア式の昼食を楽しめた。

市場を見るのも好きなこちらや相棒も、大満足。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像




この後、バスはパレルモ旧市街へUターン。

街中を駆け足で巡って、名所のいくつかを、あるいは車窓から、別の場所では短時間停車して下車する方式で巡ってくれたのだ。

パレルモ旧市街は、大概の人は一度は観光している名所ばかりだ。それを、こんな方式で、詳しい歴史説明も、街の味わいも楽しんでいる暇のない、大急ぎの名所めぐりは、どんなものか?と、ちょっぴり不満であった。


画像

プレトーリア広場。


画像



画像

クアットロ・カンティ。
画像
紀元前8世紀、フェニキア人によって建都され、以降、地中海文明の十字路に位置する立地のため、ギリシャ、ローマ帝国、ビザンチン、アラブ、ノルマン、スペイン、フランスと異民族に支配され、蹂躙され続けてきた街は、結果としてさまざまな文化を融合、保存しているだけに、本気で観光すれば奥が深い、というではないか。

こちらも、歴史の複雑さに災いされて、この街の文化や歴史を理解しようとする意欲はついつい萎えていって、今ではさほお魅力を感じないのだが。。。

調べればきっと、のめり込む魅力があるに違いない。



画像

ベッリーニ広場。右手、手前はサン・カタルド教会、奥がマルトラーナ教会。

画像
マルトラーナ教会も、ガラス・モザイクが素晴らしい。


画像



画像


画像
シチリア・ノルマン様式で12世紀に建てられたカテドラーレ。


画像

サン・ドメニコ教会。


画像

ヌオーヴァ門は修復工事中であった。


画像

ノルマン王宮。二階のパラティーナ礼拝堂のモザイクも素晴らしい。


で。
そんな駆け足の観光よりも、シチリアの一般庶民たちが集うメルカート・サンロレンツオの方がよほど面白かった。

そうそう。

名所を巡った後、もう一つだけ、次回に「覚え書」する、ちょっと変わった“遠足”を体験させてくれたのだが。。。

その体験と、この市場でのランチタイムがなければ、このエクスカーションは、あまり他人さまにお勧めできない、そんな感じの「モンレアーレ・パレルモ観光ツアー」では、あった。


画像

マッシモ劇場。

画像

ポリテアーマ劇場。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
hiroshiさん、こんばんは。
書き込みは久しぶりですが、いつも拝見してますよ〜

エンマ・ヴィダルさんのお話はなぜか記憶に残っていました。
100歳を超えてお元気に活躍されているとは素晴らしい!
私も大正生まれの人間に育てられたましたから、お元気な大正世代を見ると嬉しくなります。

ツアーの時間を守らなかったのは、もしや大正生まれの女王様が君臨する(混迷のなか首相を務めているのも女性ですね)某国のご婦人方だったのではないかと拝察いたしました。
国も時間を延ばしてグダグダやってますねぇ。
遅延ばかりと思いきや、昨年マルコポーロに乗る日に予約していた電車は、なんと定刻の10分前に出発してしまいましたから、あの国は何もかも要注意です。(先月も某国航空で酷い目に遭いました。国名は一応伏せて?いますが、全部同じ国です。苦笑)

毎度のことながら、お庭の花々に見惚れてしまいます。
また今年もジャムの季節までいろいろなお花を楽しませてください。

追伸
昨年のクリスマス時期も気になっていたことではあるのですが、お花見の季節になってもmurmur1さんのブログが更新されなくて、とても気になっています。hiroshiさんは何かご存知ですか?
ご多忙でブログの更新ができなくても、hiroshiさんのブログはご覧になっているのではないかと思い、murmur1さんのお名前に触れさせていただきました。
かいり
2019/04/12 21:00
かいりさん、ご無沙汰しております。

そして、お返事遅れ、申し訳ありません。
留守にしており、たった今、帰宅するまで、コメントを頂戴していることに気付きませんでした。

>いつも拝見してますよ〜

ありがとうございます。励みになります。
そうですよね。お元気な大正世代、さらに頑張っていただきたいですよね。身内、親族内では、一人もいなくなっちゃいましたから、エンマさんには一層、長生きしていただきたいものです。

>ツアーの時間を守らなかったのは

ははは。さすが、かいりさん。ピタリ賞ですね。
やっぱり、すぐにお分かりになりますか? 

相棒によりますと、アクセントから、そしてご年齢から、生粋の下町の、昔の“レディ”4人組だそうです。

「ほら、昔、映画で聞いたでしょ? “マイ・フェア・レディ”のアクセント。最近の若い人たちには、これほどの人たちは少なくなったのよ。ほら、映画とそっくりじゃない!」と、鈍いこちらの耳をひっぱって、耳元でささやいていました。

そうだったんですか?
なんと、定刻10分前に出発ですか?? 遅れて発車するのも、後々、スケジュールの変更にやきもきしなければいけないこともあってやきもきしますが、定刻を早回って出て行っちゃうのもたまらないですね〜。

本日、帰ってくる新幹線は途中駅でちょっと手間取って、わが街の駅着が2分弱遅れたのですが、車掌も出迎えていた駅長も、遅延に土下座でもしかねないほどに恐縮して謝罪していました。日本はいいですね〜。かいりさん、ゆかりのお国に失礼ではありますが、あちらのお国は、ちょっと辛いですね。。。
hiroshi
2019/04/14 20:24
〜上から続く〜

>追伸

そうなんですよ。
昨年夏休みを、ちょっと遅れてお取りになるとお書きになった後、続報を拝見できなくなりました。自分も、残念で寂しく思っています。

お仕事は、いま、組織の中核にいらっしゃるご様子ですから、大変にご多忙でらっしゃるのでしょう。
ただ、というか、しかし、というか。あの方のブログを拝見し続けてきた立場で勝手に推察させていただくと、多忙だからと言ってあれをお止めになる、そんなご性格の方ではないようにお見受けするのですよね。忙しければなお、一層、頑張ってお続けになる意欲的な方だと思います。

そういう意味では。。。これも自分の勝手な推測に過ぎませんが。。。もっと精神的な、というか、継続することに意欲をお感じにならなくなった、何か、特別な事件とか、出来事があったのではなかろうかと思ってます。

そうですね〜。
どうでしょうか?
ご覧いただいているのならば嬉しい限りですが。。。
可能性は薄いかな? と思っています。もう、ブログというジャンルにはご興味をなくされたのではないでしょうか?
hiroshi
2019/04/14 20:25
こんにちは😃 hiroshiさん❣
ほんとーにほんとーにお久しぶりです。
hiroshiさんのブログほんとにいつ拝見させていただいてもきれいなきれいなお写真いっぱいで(^^) ほんとに元気になりますー。ありがとうございます。

去年からgooブログ いわちゃんの日記を始めました。でも、バタバタ忙しかったり気分がのらなかったりで続かなかったんですけど、この春、今温かくなってきてお花💐が芽吹きはじめた今、がんばろうと思いまたブログ書き始めましたー。まだ3日くらいですけど。。笑)

前のあおちゃんの日記はいわちゃんの日記に変わりました。
またお時間ある時、遊びにきてくださいー。(╹◡╹)

hiroshiさんのお庭にはきれいな桜🌸が咲いているんですねー。
あおちゃん
2019/04/20 17:04
いわちゃんの日記のアドレス添付しておきます(^^)
https://blog.goo.ne.jp/yutti0227
あおちゃん
2019/04/21 15:12
お〜〜!
あおちゃん、ほんとにお久しぶり〜〜。

お返事遅れてごめんね。
出かけていて、拝見するのが遅れました。

そうですか?
またお始めになりましたか。お仕事、忙しいですものね。お続けになるのは大変でしょう。

しかし、楽しみです。これから時折、また、あのカメラアングルの素敵な写真を拝見できることになるんですね。

そうですか、あおちゃんから、いわちゃねすか? タイトルは。
まだ帰宅したばかりでバタバタしております。
一段落したら、早速拝見させていただきます。楽しみ、楽しみ
hiroshi
2019/04/23 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文




会社設立 大阪市
  
https://ya170519su.at.webry.info/
 
アクセスカウンター
出会いライブチャット出会いモバコイメル友

サンロレンツオの市場経由し、パレルモ旧市街へ。 潮風の中で〜クルーズと街歩き・覚え書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる